今日の人気記事

まだデータがありません。

URLの構成要素を連想配列に - parse_url()

スポンサーリンク

プログラミング言語PHPで、指定したURLを構成要素にパース(分解)し、連想配列に格納する関数 parse_url()を紹介します。

parse_url関数

mixed parse_url ( string $url )
指定したURLを構成要素にパース(分解)し、連想配列に格納します。
引数
$url
パースするURLを文字列で指定します。
返り値
指定したURLを構成要素(プロトコル、ホスト、ポート番号など)にパースし、連想配列として返します。
スポンサーリンク

サンプルコード

文字列で指定したURLを構成要素にパースし、連想配列を取得するサンプルコーです。

parse_url( URL )
<?php
/* URLを定義 */
$url_http = "https://webkaru.net/php/2013/09/";
$url_ftp = "ftp://ftp.jaist.ac.jp/debian-cd/";

/* URLを配列に */
print_r(parse_url($url_http));
print_r(parse_url($url_ftp));
?>

実行結果です。
パースされたURLが連想配列として、返されています。

Array
(
    [scheme] => http
    [host] => webkaru.net/php
    [path] => /2013/09/
)
Array
(
    [scheme] => ftp
    [host] => ftp.jaist.ac.jp
    [path] => /debian-cd/
)
スポンサーリンク

関連記事と広告