今日の人気記事

  1. 日本語環境の設定 - mbstring
  2. PHP + Apacheのインストール - Linux環境 - CentOS
  3. 半角 ⇔ 全角 変換 - mb_convert_kana()
  4. PHPサンプルコード集
  5. 最大値を取得 - max関数

ファイルが読み書き可能かどうかを確認 - is_readable()、is_writable()

スポンサーリンク

プログラミング言語PHPで、引数に指定したファイルが読み込み可能 / 書き込み可能かどうかを確認する関数 is_readable() / is_writable() を紹介します。

is_readable関数

bool is_readable ( string $filename )
引数に指定したファイルが読み込み可能かどうかを確認します。
引数
$filename
読み込み可能かどうかを確認するファイル名を指定します。
返り値
指定したファイル名が存在し、読み込み可能な場合は、trueを、その他の場合は、falseを返します。

サンプルコード

指定したファイルが存在し、読み込み可能かどうかを確認するサンプルコードです。

is_readable( ファイル )
<?php
// 指定したファイルがない場合
var_dump( is_readable("file1.txt") );

// 指定したファイルが存在するが、読み込み不可な場合
var_dump( is_readable("file2.txt") );

// 指定したファイルが存在し、読み込み可能な場合
var_dump( is_readable("file3.txt") );
?>

実行結果です。
指定したファイルがない場合は、falseを。
指定したファイルが存在するが、読み込み不可な場合は、falseを。
指定したファイルが存在し、読み込み可能な場合は、trueを返します。

bool(false)
bool(false)
bool(true)

is_writable関数

bool is_writable ( string $filename )
引数に指定したファイルが書き込み可能かどうかを確認します。
引数
$filename
書き込み可能かどうかを確認するファイル名を指定します。
返り値
指定したファイル名が存在し、書き込み可能な場合は、trueを、
その他の場合は、falseを返します。

サンプルコード

指定したファイルが存在し、書き込み可能かどうかを確認するサンプルコードです。

is_writable( ファイル )
<?php
// 指定したファイルがない場合
var_dump( is_readable("file1.txt") );

// 指定したファイルが存在するが、読み込み不可な場合
var_dump( is_readable("file2.txt") );

// 指定したファイルが存在し、読み込み可能な場合
var_dump( is_readable("file3.txt") );
?>

実行結果です。
指定したファイルがない場合は、falseを。
指定したファイルが存在するが、読み込み不可な場合は、falseを。
指定したファイルが存在し、読み込み可能な場合は、trueを返します。

bool(false)
bool(false)
bool(true)

関連記事(一部広告含む)