今日の人気記事

  1. PHP + OAuthで Twitter botをつくってみよう
  2. PHPスクリプト - 基本的な記述方法 - 書き方の基本
  3. if、else、elseif - 条件分岐
  4. 配列を文字列に変換 - implode()
  5. 数値の小数点以下を処理(四捨五入・切り捨て・切り上げ) - round関数、floor関数、ceil関数

文字列にファイルを書き込む - fwrite()、fputs()

スポンサーリンク

プログラミング言語PHPで、文字列をファイルに書き込む関数 fwrite()、fputs()を紹介します。

fwrite関数、fputs関数

int fwrite ( resource $handle , string $string [, int $length ] )
int fputs ( resource $handle , string $string [, int $length ] )
指定したファイル(有効なファイルポインタ)へ文字列を書き込みます。
fputs関数は、fwrite関数のエイリアスです。
引数
$handle
fopen関数で正常にオープンされた、有効なファイルポインタを指定します。
$string
ファイルへ書き込む文字列を指定します。
$length
指定したバイト数の文字列を書き込みます。
返り値
ファイルへの書き込みが成功した場合は、書き込んだバイト数をint型で返します。ファイルへの書き込みがエラーの場合、falseを返します。

サンプルコード

指定したファイルへ文字列を書き込むサンプルコードです。

fwrite( ファイルポインタ, 文字列 )
<?php
/* ファイルポインタをオープン */
$fp = fopen("test.txt", "w");

/* ファイルの書き込み */ 
var_dump( fwrite($fp, 'Virtual') );
var_dump( fwrite($fp, 'Server') );

/* ファイルポインタをクローズ */
fclose($fp);
?>

実行結果です。ファイルへ書き込まれた文字列のバイト数が返されています。

int(7)
int(6)

書き込まれたファイルの内容は以下のようになります。

VirtualServer

関連記事(一部広告含む)