今日の人気記事

  1. PHPのパスを通す - MAMPの使い方
  2. PHPのダウンロードとインストール - Windows10
  3. 文字列をファイルに書き込む - file_put_contents()
  4. PHP + Apacheのインストール - Linux環境 - CentOS
  5. 指定したキーが配列にあるかどうかを確認 - array_key_exists()

配列をCSVファイルに書き込む - fputcsv()

プログラミング言語PHPで、配列データをCSVファイルに書き込む関数 fputcsv()を紹介します。

fputcsv関数

int fputcsv ( resource $handle , array $fields [, string $delimiter [, string $enclosure ]] )
配列データをCSVファイルを書き込みます。
引数
$handle
fopen関数で正常にオープンされた、有効なファイルポインタを指定します。
$fields
CSVファイルへ書き込む配列を指定します。
$delimiter
区切り文字を指定します(1文字)。
指定しない場合はカンマ「,」。
$enclosure
囲み文字を指定します(1文字)。
指定しない場合はダブルクォーテーション「"」。
返り値
CSVファイルに書き込んだ文字列の長さをint型で返します。ファイル書き込みに失敗した場合は、falseを返します。

サンプルコード

指定した配列をCSVファイルに書き込むサンプルコードです。

fputcsv( ファイルポインタ )
<?php
/* 配列の作成 */
$array = array("Windows", "Mac", "Linux");

/* ファイルポインタをオープン */
$file = fopen("test.csv", "w");

/* CSVファイルを配列へ */
if( $file ){
  var_dump( fputcsv($file, $array) );
}

/* ファイルポインタをクローズ */
fclose($file);
?>

実行結果です。CSVファイルへの書き込みが成功したので、書き込まれたバイト数がint型で返されています。

int(18)

書き込まれたCSVファイルは以下のようになります。

Windows,Mac,Linux

関連記事(一部広告含む)