今日の人気記事

  1. 拡張モジュールのディレクトリを設定 - Windows環境
  2. 配列のキーをランダムに抽出 - array_rand()

ファイルの所有者を確認 - fileowner()、posix_getpwuid()

当ページのリンクには広告が含まれています。

Webプログラミング言語PHPで、ファイル所有者のユーザーIDを取得する関数fileowner、ユーザーIDからユーザーの詳細情報を取得する関数posix_getpwduidを紹介します。

fileowner関数

int fileowner ( string $filename )
ファイル所有者のユーザーIDを取得します。
引数
$filename
ファイル名、あるいはファイル名を含むパスを指定します。
返り値
指定したファイルの所有者(ユーザーID)をint型で返します。

サンプルコード

指定したファイル(ここでは、file1.txt)の所有者(ユーザーID)を取得するサンプルコードです。file_exists関数を使って、ファイルの有無を確認してからfileownerを実行します。

fileowner( ファイル名 )
<?php
$a = "file1.txt";
if(file_exists($a));
  var_dump(fileowner("$a"));
?>

実行結果です。file1.txtの所有者のユーザーID「1000」が取得されています。

int(1000)

posix_getpwuid関数

array posix_getpwuid ( int $uid )
指定したユーザーIDからユーザーの詳細情報を取得します。
引数
$uid
ユーザーIDを指定します。
返り値
指定したユーザーIDからユーザーの詳細情報を配列で返します。

サンプルコード

指定したユーザーIDからユーザーの詳細情報を返すサンプルコードです。fileowner関数からファイル所有者のユーザーIDを取得しています。

posix_getpwuid( ファイル所有者 )
<?php
$a = "file1.txt";
if(file_exists($a));
  print_r(posix_getpwuid (fileowner($a)));
?>

実行結果です。ユーザーの詳細情報が連想配列で取得されています。

Array
(
    [name] => karuma
    [passwd] => x
    [uid] => 1000
    [gid] => 1000
    [gecos] => Karuma Taro,,,
    [dir] => /home/karuma
     => /bin/bash
)

ファイル の人気記事

  1. ファイルから1行ずつ読み込む - fgets()
  2. ファイル名を変更 - ファイルを移動 - rename()
  3. ファイルのサイズを取得 - filesize()
  4. 文字列をファイルに書き込む - file_put_contents()
  5. 文字列にファイルを書き込む - fwrite()、fputs()
  6. ファイルの所有者を変更 - chown()
  7. ユニークなファイル名の一時ファイルを作成 - tempnam()

関連記事(一部広告含む)