今日の人気記事

  1. PHPのダウンロードとインストール - Windows環境
  2. 外部コマンドを実行 - exec()、system()
  3. PHP + Apache 環境の構築
  4. 配列を指定した値で初期化 - array_fill()
  5. 配列の要素をシャッフル - shuffle()

ファイルをコピー - copy()

スポンサーリンク

プログラミング言語PHPで、ファイルをコピーする関数 copy()を紹介します。

copy関数

bool copy ( string $source , string $dest )
引数に指定したファイルを 指定したパスへコピーしまします。
引数
$source
コピーするファイル名、あるいはファイル名を含むパスを指定します。
$dest
コピー先のファイル名、あるいはファイル名を含むパスを指定します。
返り値
ファイルコピーが成功した場合は trueを、その他の場合は falseを返します。

サンプルコード

指定したファイルを指定したモードへ変更するサンプルコードです。

copy( コピー元のファイル, コピー先のファイル )
<?php
copy("file1", "file1.backup");
?>

スクリプトを実行する前にlsコマンドでファイルの有無を確認します。

$ ls | grep file1
file1

スクリプトを実行し、lsコマンドでファイルがコピーされたかを確認してみましょう。以下のように file1.backupというコピーファイルが作成されていれば、OKです。

$ ls | grep file1
file1
file1.backup

関連記事(一部広告含む)