今日の人気記事

  1. ファイルの解凍・圧縮 - Linuxコマンド一覧(.zip .gz .Z .bz2 tar.gz .tgz tar.Z .taz .tar.bz2 .tbz2)
  2. gzip - ファイルを圧縮・展開 - Linuxコマンド
  3. ssh - リモートマシンにSSHでログイン - Linuxコマンド
  4. CentOSのバージョン確認方法
  5. コマンドの実行結果・標準出力をファイルに保存

nginxでデフォルトのバーチャルホストを設定する方法

スポンサーリンク

nginxでデフォルトのバーチャルホストを設定する方法を紹介します。

デフォルトのバーチャルホストとは、複数のサイトが運用されているウェブサーバーに、IPアドレス(ドメイン名ではなく)でHTTPリクエストした場合に応答するホストのことです。

ここでは、nginxで3つのサイト(example1.com、example2.com、example3.com)を運用する場合、どうやってデフォルトのバーチャルホストの設定するのかを例示します。

デフォルトのバーチャルホストの設定

nginxの設定ファイル(/etc/nginx/nginx.conf or /etc/nginx/conf.d/*.conf)のlistenディレクティブにdefault_serverパラメーターを設定すれば、簡単にデフォルトのバーチャルホストを設定できます。下記のように設定すれば、example2.comがデフォルトのバーチャルホストになります。

server {
       listen 80;
       server_name example1.com;
}
server {
       listen 80 default_server;
       server_name example2.com;
}
server {
       listen 80;
       server_name example3.com;
}

下記のようにlistenディレクティブにdefault_serverパラメーターを設定していない場合は、最初に読み込まれたexample1.comがデフォルトのバーチャルホストになります。

server {
       listen 80;
       server_name example1.com;
}
server {
       listen 80;
       server_name example2.com;
}
server {
       listen 80;
       server_name example3.com;
}

設定を反映

設定を反映する前に設定ファイル(*.conf)が適切に記述できているかを確認します。

# /etc/init.d/nginx configtest
nginx: the configuration file /etc/nginx/nginx.conf syntax is ok
nginx: configuration file /etc/nginx/nginx.conf test is successful

test is successfulと表示されればOKです。設定を反映しましょう。

# /etc/init.d/nginx reload
nginx を再読み込み中:                                      [  OK  ]

これでOKです。複数のサイトをnginxで設定する場合は、応答させたいホストをデフォルトのバーチャルホストに設定しましょう。以上で、「nginxでデフォルトのバーチャルホストを設定する方法」です。

関連記事(一部広告含む)