今日の人気記事

まだデータがありません。

meta要素 - http-equivコンテンツ属性の値と概要

スポンサーリンク

ここでは、meta要素の http-equivコンテンツ属性の値と概要についてみていきます。

http-equivコンテンツ属性の値と概要

meta属性の http-equivコンテンツ属性では HTMLドキュメントのプラグマ指示子を制定します。

プラグマ指示子とは、ブラウザーに対して HTMLドキュメントの仕様を指示する命令のことです。

概要
content-type旧来のマークアップに対応するための値
HTML5での文字エンコーディングは「charset」を使うので、使用しません。
default-style優先スタイルシートのセット名を指定します。
refreshセットした秒数が経過したらページを再読込、あるいはURLをセットするとそのページへジャンプします。

default-style

優先スタイルシートのセット名は contentコンテンツ属性に値をセットします。

<meta http-equiv="default-style" content="yusen"/>
<link rel="stylesheet" href="yusen.css" title="yusen" />
<link rel="stylesheet" href="hoka.css" title="hoka" />

meta要素でセットした優先スタイルシートのセット名は link要素の titleコンテンツ属性で指定します。

refresh

ページを再読み込みする時間を contentコンテンツ属性にセットします。この例では、5秒後にページを再読み込みします。

<meta http-equiv="refresh" content="5"/>

URLを指定すると contentコンテンツ属性にセットした秒後に指定したURLへジャンプします。この例では、10秒後に「https://webkaru.net/html5/」にジャンプします。

<meta http-equiv="refresh" content="10" URL="https://webkaru.net/html5/"/>