今日の人気記事

  1. else if文 - 複数の条件式 - 条件分岐
  2. 配列の要素を出力(表示)
  3. フィボナッチ数の計算
  4. 入力した2つの自然数の最大公約数を求める
  5. (前置・後置)インクリメント演算子, ++

入力した整数が正か負かを判定

スポンサーリンク

入力した整数が正か負かを判定するC言語のサンプルプログラムを紹介します。

以下の3つの条件を「if文」を使って判定します。

  • 0より大きい整数は「正の整数」
  • 0より小さい整数は「負の整数」
  • 0はどちらでもない

サンプルプログラム

入力した整数が正か負かを判定するプログラムです。

/*
 * C言語のサンプルプログラム - Webkaru
 * - 入力した整数が正か負かを判定 -
 */
#include <stdio.h>

int main(void)
{
  /* 変数の宣言 */
  int number;

  /* 整数の入力 */
  printf("整数を入力 = ");
  scanf("%d", &number);

  /* 入力した整数が正か負かを判定 */
  if (number > 0)
    printf("%d は 正です。\n", number);
  else if (number == 0)
    printf("%d は 正・負のどちらでもありません。\n", number);
  else
    printf("%d は 負です。\n", number);

  return 0;
}

いくつかの実行結果です。

整数を入力 = 12
12 は 正です。
整数を入力 = 0
0 は 正・負のどちらでもありません。
整数を入力 = -8
-8 は 負です。

このように入力した整数の正負が判定されます。

関連記事(一部広告含む)