今日の人気記事

  1. サンプルプログラム集
  2. MinGW - gccのコンパイルと実行 - Windows環境
  3. MinGW - gcc のインストール - Windows環境
  4. MinGW - gcc の環境設定(パスを通す) - Windows環境
  5. LinuxでC言語 - コンパイラ(gcc)のインストール

関数の作り方

スポンサーリンク

int main(void) - プログラムの基本」でも少し触れましたが、ここでは main関数以外の「関数の作り方」を紹介します。

関数の作り方

関数は、何度も利用するような一連の処理に利用すると便利です。それでは関数を作り方をみていきます。

戻り値の型 関数名(引数)
{

  処理;
  ...

  return 戻り値;
}

関数はこのように「戻り値の型」「関数名」「引数」を指定して作成します。

スポンサーリンク

関数に int型の戻り値がある場合は

int 関数名(引数)
{
  処理;
  ...

  return int型の戻り値;
}

float型の戻り値がある場合は

float 関数名(引数)
{
  処理;
  ...

  return float型の戻り値;
}

と記述します。

戻り値がない場合は

void 関数名(引数)
{
  処理;
  ...
}

戻り値が内場合は「return」は必要ありません。

関数に引数がない場合は

戻り値の型 関数名(void)
{
  処理;
  ...

  return 戻り値;
}

このように引数のところに「void」と記述します。

サンプル①

「Hello, World!」という文字列を出力する関数「hello」のサンプルをみてみましょう。

void hello(void){
  printf("Hello, World!\n");
}

戻り値の型は「void」、関数名「hello」、引数「void」です。

「型」「引数」ともにvoidなので、この関数は「戻り値」がなく「引数」を取りません。

サンプル②

次は引数の数値を足し合わせる関数「tasu」のサンプルをみてみましょう。

int tasu(int a, int b){
  return a + b;
}

戻り値の型は「int」、関数名「tasu」、引数は int型の「a」と「b」、戻り値は「a + b」です。

次は作成した「関数(引数なし&戻り値なし)を呼び出す方法」をみていきます。

スポンサーリンク

関連記事と広告