今日の人気記事

  1. PHP + Apache 環境の構築
  2. HTML内でPHPスクリプトを実行 - 埋め込み
  3. PHP + Apacheのインストール - Linux環境 - CentOS
  4. PHPのダウンロードとインストール - Windows環境
  5. PHPスクリプト - 基本的な記述方法 - 書き方の基本

php.iniファイルの場所/PHPのバージョン確認・変更 - MAMPの使い方

スポンサーリンク

MAMP(マンプ)には複数のバージョンのPHPがインストールされているので、PHPの設定ファイル(php.ini)が複数あります。ここでは、設定ファイルの場所の確認、PHPのバージョン確認・変更方法について解説します。

ちなみにMAMPとは、MacにApache、PHP、MySQLの環境をインストールすることができるアプリケーションです。

php.iniファイルの場所

記事投稿時の最新版である「MAMP2.1.4」には、「php5.2.17」「php5.3.20」「php5.4.10」 の3つがインストールされています。これらの設定ファイルは以下の場所に格納されています。

/Applications/MAMP/bin/php/php5.2.17/conf/php.ini
/Applications/MAMP/bin/php/php5.3.20/conf/php.ini
/Applications/MAMP/bin/php/php5.4.10/conf/php.ini

PHPの設定を変更する場合は、利用しているPHPのバージョンの設定ファイル(php.ini)を編集すれば、OKです。以下では、利用しているPHPのバージョン確認方法をみていきます。

スポンサーリンク

PHPのバージョン確認

mamp-php-ini-file-locate-0
「MAMP」を起動します。

mamp-php-ini-file-locate-1
MAMPが起動したら、「スタートページを開く」をクリックします。

mamp-php-ini-file-locate-2
ブラウザに表示されたスタートページの上部メニューから「phpinfo」をクリックします。

mamp-php-ini-file-locate-3
クリックするとPHPバージョンが表示されます。この例では「PHP Version 5.4.10」を利用していることが分かります。このページのPHPの設定を確認することもできるので、設定変更前/後はここで確認しましょう。

上でも説明しましたが、MAMPには複数のバージョンのPHPがインストールされています。以下ではPHPのバージョンの変更方法を解説します。

PHPのバージョン変更

mamp-php-ini-file-locate-4
MAMPを起動し、「環境設定」をクリックします。

mamp-php-ini-file-locate-5
環境設定の「PHP」項目から、PHPのバージョンを変更し(ここでは5.4.10→5.2.17)、「OK」をクリックします。

※3つのバージョンのPHPがインストールされているのですが、ここで選択できるのは2つです。なぜだろう……。

mamp-php-ini-file-locate-6
phpinfoでPHPのバージョンを確認します。「PHP Version 5.2.17」に変更されていることが分かります。

スポンサーリンク