今日の人気記事

  1. WordPressをローカルにインストール - MAMP
  2. WordPressページナビゲーションを作成するプラグインWP-PageNavi
  3. 管理画面にログイン・ログアウト
  4. 1ページに表示する最大投稿数を変更 - posts_per_page
  5. ドメイン変更を伴うWordPressサイトのサーバー移転方法

圧縮を有効にする - PageSpeed Insights

スポンサーリンク

ウェブサイトの高速化を支援してくれる「PageSpeed Insights」の提案のひとつである「圧縮を有効にする」について解説します。

Google Developersが提供するウェブページのコンテンツ解析をしてくれるWebサービス「PageSpeed Insights」の使い方はこちらを参考にしてください。
» PageSpeed Insightsの使い方

圧縮を有効にする

gzip-deflate-enable

gzip や deflate を使用してリソースを圧縮することで、ネットワークで送信されるバイト数を減らすことができます。

最近のブラウザは、gzipやdeflateによって圧縮されたデータ(HTML、CSS、JavaScriptファイルなど)をサポートしています。「圧縮を有効にする」とサーバーからの出力をクライアントに送る前に圧縮します。クライアント側では、圧縮されたデータをブラウザで展開し、描画するので通信の負担が激減し、ページの読み込み時間が劇的に速くなるようです。

スポンサーリンク

それでは、圧縮を有効にしてみましょう。

.htaccessの編集 - Apache

「圧縮を有効にする」には、.htaccessにディレクティブを追加すればOKです。例えば、cssファイルだけを圧縮したい場合は以下のディレクティブを.htaccessに記述します。「DEFLATE」というアルゴリズムでアウトプットするデータにフィルターをかける設定をしています。

AddOutputFilterByType DEFLATE text/css

cssファイル以外にもフィルターをかける場合は、以下のディレクティブを記述すればOKです。

AddOutputFilterByType DEFLATE text/plain
AddOutputFilterByType DEFLATE text/html
AddOutputFilterByType DEFLATE text/xml
AddOutputFilterByType DEFLATE text/css
AddOutputFilterByType DEFLATE application/xml
AddOutputFilterByType DEFLATE application/xhtml+xml
AddOutputFilterByType DEFLATE application/rss+xml
AddOutputFilterByType DEFLATE application/javascript
AddOutputFilterByType DEFLATE application/x-javascript

.htaccessを編集したら、適切に圧縮が有効になっているかを確認しましょう。

gzip-deflate-enable-1
右上の「更新」をクリックします。

gzip-deflate-enable-2
ページの中央の「提案の概要」に「圧縮を有効にする」が表示されていなければOKです。

スポンサーリンク

関連記事と広告