今日の人気記事

  1. PHPの設定(パスを通す)と動作確認 - Windows10
  2. 親ディレクトリのパスを表示 - dirname()
  3. ファイル名を変更 - ファイルを移動 - rename()
  4. ファイルから1行ずつ読み込む - fgets()
  5. 文字列にファイルを書き込む - fwrite()、fputs()

関数の引数にデフォルト値を指定

当ページのリンクには広告が含まれています。

PHPスクリプトで宣言した関数の引数にデフォルト値を指定する方法を紹介します。

関数の引数にデフォルト値を指定

それでは、関数の引数にデフォルト値を指定する構文をみてみましょう。

function 関数名( 引数 = デフォルト値 ) {
  // 処理
  return 戻り値;
}

このように関数の引数に「=」を付けてデフォルト値を指定します。

関数の引数にはデフォルト値を指定しない/指定するものを合わせて使うこともできます。

function 関数名( 引数, 引数 = デフォルト値 ) {
  // 処理
  return 戻り値;
}

サンプルスクリプト①

関数「hoge」の引数「$a」にデフォルト値「Hello」を指定しました。

function hoge( $a = "Hello"){
  $a .= ", World\n";
  return $a;
}

echo hoge();

実行結果です。

Hello, World

引数にデフォルト値が設定されているので、関数を呼び出す際に引数を指定する必要はありません。

サンプルスクリプト②

引数にデフォルト値を指定しない/指定するものを合わせた関数のサンプルスクリプトです。

<?php
function piyo($a,$b=5){
  return $a*$b;
}

// 引数を1つ指定
echo piyo(3) ."\n";
// 引数を2つ指定
echo piyo(10,2) ."\n";
?>

実行結果です。

15
20

「引数を1つ指定」して関数を呼び出した場合は、関数の引数に指定したデフォルト値が使われるので、「3×5=15」が実行結果になります。

「引数を2つ指定」して関数を呼び出した場合は、引数に指定したデフォルト値が上書きされるので、「10×2=20」が実行結果になります。

関数 の人気記事

  1. HTML内でPHPスクリプトを実行 - 埋め込み
  2. 簡単なPHPスクリプトを動かしてみよう
  3. require、require_once - ファイルの取り込み
  4. ファイルの読み込み
  5. PHPスクリプト - 基本的な記述方法 - 書き方の基本
  6. 配列 - array
  7. 連想配列
  8. 関数の宣言と呼び出し
  9. 関数の引数にデフォルト値を指定

関連記事(一部広告含む)