今日の人気記事

まだデータがありません。

変数の値に関する情報をPHPスクリプト形式で出力 - var_export()

当ページのリンクには広告が含まれています。

プログラミング言語PHPで、変数の値に関する情報をPHPスクリプト(コード)形式で出力する関数 var_exportを紹介します。

var_export関数

mixed var_export ( mixed $expression [, bool $return = false ] )
指定した変数の値に関する情報をPHPスクリプト形式に整形して出力します。
引数
$expression
出力する変数を指定します。
$return
trueを指定した場合は、情報を出力せずに、返り値として返します。
指定しない場合は、false。
返り値
指定した変数の値を、配列の場合は値とキーを整形して出力します。

サンプルコード

変数の値をPHPスクリプト形式に出力するサンプルコードです。

var_export( 変数 ) 
<?php
$int = 2143;
$float = 1.4142;
$string = "Programming Introduction";
$array = array("Windows","Mac","Linux");

var_export($int); echo "\n";
var_export($float); echo "\n";
var_export($string); echo "\n";
var_export($array); echo "\n";
?>

実行結果です。変数の値がPHPスクリプト形式で出力されています。

2143
1.4142
'Programming Introduction'
array (
  0 => 'Windows',
  1 => 'Mac',
  2 => 'Linux',
)

サンプルコード - 返り値を変数で取得($return = true)

指定した変数の出力結果を整形された文字列の変数として取得するサンプルコードです。var_export関数の第2引数にtrueを指定します。

var_export( 変数, true ) 
<?php
$array = array("Windows","Mac","Linux");
$b = var_export($array);
echo $b . "\n";
?>

実行結果です。var_dump関数の第2引数にtrueを指定すると、PHPスクリプト形式の文字列として変数($b)に格納します。

array (
  0 => 'Windows',
  1 => 'Mac',
  2 => 'Linux',
)

変数・定数 の人気記事

  1. 変数の型を調べる(確認) - gettype()
  2. 変数を整数型に変換 - intval()
  3. 定数が定義済みかどうかを確認 - defined()
  4. PHP関数リファレンス

関連記事(一部広告含む)