今日の人気記事

  1. HTML内でPHPスクリプトを実行 - 埋め込み
  2. PHPのダウンロードとインストール - Windows環境
  3. PHP + Apache 環境の構築
  4. PHP + Apacheのインストール - Linux環境 - CentOS
  5. 外部コマンドを実行 - exec()、system()

自然対数、常用対数を取得 - log()、log10()

スポンサーリンク

Webプログラミング言語PHPで、自然対数を計算する関数 log()、常用対数を取得する関数 log10()を紹介します。

log関数、log10関数

float log ( float $arg [, float $base = M_E ] )
float log10 ( float $arg )
指定した数値から対数を計算します。log10関数に第2引数はありません。
引数
$arg
対数を計算する数値を指定します。
$base
対数の底を指定します。
引数を指定しない場合は、e(自然対数の底、ネイピア数)が指定されます。
返り値
指定した数値の対数(float型)を返します。
スポンサーリンク

サンプルコード

自然対数を計算するサンプルコードです。以下のコードで使っている「M_E」は、PHPにあらかじめ定義されている定数e(自然対数の底、ネイピア数)です。

log( 数値 )
<?php
$arg = 10;
echo log( $arg ) . "\n";
echo log( M_E ) . "\n";
echo log10( 100 ) . "\n";
?>

実行結果です。自然対数、常用対数の計算結果が表示されています。

2.302585092994
1
2
スポンサーリンク

関連記事と広告