今日の人気記事

  1. HTMLエンティティを文字列に変換 - html_entity_decode()
  2. Apache 2.4 のダウンロードとインストール - Windows10
  3. PHPのダウンロードとインストール - Windows10
  4. ヒアドキュメント
  5. 数値の小数点以下を処理(四捨五入・切り捨て・切り上げ) - round関数、floor関数、ceil関数

変数を整数型に変換 - intval()

プログラミング言語PHPで、指定した変数を整数型に変換する関数 intval()を紹介します。

intval関数

int intval ( mixed $var [, int $base ] )
指定した変数を整数型に変換します。
基数($base)を指定することで、10進数以外の整数型に変換することができます。
引数
$var
整数型に変換する変数を指定します。
$base
基数を指定します。
基数に0を指定した場合、$varの頭文字が"0"であれば8進数、
"0x"であれば16進数に変換します。
それ以外の場合は、10を指定します。
返り値
指定した変数を整数型に変換した値を返します。
指定した変数が文字列の場合は、0を。
空の配列の場合も、0を、空ではない配列の場合は、1を返します。

サンプルコード - 10進数

指定した変数を10進数の整数型に変換するサンプルコードです。

intval( 変数 )
<?php
$var1 = 3;
$var2 = 3.1;
$var3 = "+10";
$var4 = "-10";
$var5 = "PHP";
$var6 = array();
$var7 = array(1,2,3);

var_dump( intval($var1) );
var_dump( intval($var2) );
var_dump( intval($var3) );
var_dump( intval($var4) );
var_dump( intval($var5) );
var_dump( intval($var6) );
var_dump( intval($var7) );
?>

実行結果です。
指定した変数が整数型に変換されています。
指定した変数が文字列で数値を含む場合は、その数値の整数型を、数値を含まない場合は、0を返しています。
指定した変数が配列の場合、その配列が空の場合は、0を、値がある場合は、1を返しています。

int(3)
int(3)
int(10)
int(-10)
int(0)
int(0)
int(1)

サンプルコード - 基数を指定(10進数以外)

指定した変数を基数を指定して、10進数以外の整数型に変換するサンプルコードです。

intval( 変数, 基数 )
<?php
var_dump( intval('10',2) );
var_dump( intval('10.1',8) );
var_dump( intval('10.5',16) );
var_dump( intval('010',0) );
var_dump( intval('0x10',0) );
?>

実行結果です。
指定した基数(2進数、8進数、16進数)の整数型に変換されています。
基数に0を指定した場合は、変数の頭文字が"0"の場合は8進数、"0x"の場合は16進数の整数型に変換します。

int(2)
int(8)
int(16)
int(8)
int(16)

関連記事(一部広告含む)