今日の人気記事

  1. php.iniファイルの場所/PHPのバージョン確認 - XAMPPの使い方
  2. 親ディレクトリのパスを表示 - dirname()
  3. フォームから POST で送信されたデータを表示
  4. 日本語環境の設定 - mbstring
  5. 文字列 - シングルクォーテーション と ダブルクオーテーション

リソース型の種類を取得 - get_resource_type()

スポンサーリンク

プログラミング言語PHPで、リソース型の種類を確認する関数 get_resource_type()を紹介します。

get_resource_type関数

string get_resource_type ( resource $handle )
指定した変数のリソース型の種類を取得します。
引数
$handle
リソース型の種類を確認する変数を指定します。
返り値
指定した変数がリソース型の場合はには、リソースの種類を返します。

サンプルコード

指定した変数がリソース型かどうかを確認するサンプルコードです。

get_resource_type( リソース )
<?php
$var1 = fopen('test.php','r');
$var2 = fopen('https://webkaru.net/php','r');
$var3 = mysql_connect("localhost","root","root","wordpress");

var_dump( get_resource_type($var1) );
var_dump( get_resource_type($var2) );
var_dump( get_resource_type($var3) );
?>

実行結果です。リソース型の種類("stream"、"mysql link")がstring型で返されています。

string(6) "stream"
string(6) "stream"
string(10) "mysql link"

関連記事(一部広告含む)