今日の人気記事

  1. PHP + OAuthで Twitter botをつくってみよう
  2. PHPスクリプト - 基本的な記述方法 - 書き方の基本
  3. if、else、elseif - 条件分岐
  4. 配列を文字列に変換 - implode()
  5. 数値の小数点以下を処理(四捨五入・切り捨て・切り上げ) - round関数、floor関数、ceil関数

配列 指定した位置から要素を取得 - array_slice()

スポンサーリンク

プログラミング言語PHPで、指定した位置から配列の要素を取得する関数 array_slice()を紹介します。

array_slice関数

array array_slice ( array $array , int $offset [, int $length = NULL [, bool $preserve_keys = false ]] )
指定した位置から配列の要素を取得します。
引数
$array
要素を取得する配列を指定します。
$offset
要素を取得する位置を指定します。
指定した値が負の値の場合、配列の末尾から逆回りで位置を数えます。
$length
取得する要素の数を指定します。
$preserve_keys
trueを指定した場合、配列キーを維持します。
指定しない場合(false)、配列キーは振り直されます。
返り値
削除する要素を含む配列を返します。

サンプルスクリプト

指定した位置から配列の要素を削除するサンプルコードです。

array_slice( 配列, 削除を開始する位置 )
<?php
/* 配列を定義 */
$a = array('い', 'ろ', 'は', 'に', 'ほ', 'へ', 'と');
print_r($a);

/* 指定した位置から配列を削除 */
print_r( array_splice($a, 2) );
?>

実行結果です。

Array
(
    [0] => い
    [1] => ろ
    [2] => は
    [3] => に
    [4] => ほ
    [5] => へ
    [6] => と
)
Array
(
    [0] => は
    [1] => に
    [2] => ほ
    [3] => へ
    [4] => と
)
Array
(
    [0] => い
    [1] => ろ
)

array_splice() は返り値として削除する要素を含む配列を返します。関数に渡した配列「$a」は参照渡しなので、指定した要素が削除されています。

関連記事(一部広告含む)