今日の人気記事

  1. if、else、elseif - 条件分岐
  2. ヒアドキュメント
  3. 数値の小数点以下を処理(四捨五入・切り捨て・切り上げ) - round関数、floor関数、ceil関数
  4. 簡単なPHPスクリプトを動かしてみよう - XAMPP環境
  5. Apache 2.4 のダウンロードとインストール - Windows10

多次元配列を結合 - array_merge_recursive()

プログラミング言語PHPで、指定した複数の配列を再帰的に結合する関数 array_merge_recursive()を紹介します。

array_merge_recursive()

array array_merge_recursive ( array $array1 [, array $... ] )
指定した複数の配列を再帰的に結合します。多次元配列を結合する場合に使います。
配列のキーが同じ場合は、ひとつにまとめられます。
引数
$array
結合する配列を指定します。
返り値
結合した配列を返します。
通常の配列(キーが数字)の場合は、数字が再び振り直されます。
連想配列(キーが文字列)の場合は、そのまま引き継ぎます。

サンプルスクリプト

多次元配列を結合するサンプルスクリプトです。

array_merge( 配列1, 配列2, ... );
<?php
/* 配列を定義 */
$array1 = array('Web' => array('HTML', 'CSS', 'jQuery'), 'Num' => array(1821,5234));
$array2 = array('London', 'Rio', 'Tokyo', 'Web' =>array('Javascript','php'), 'Num' => array(1805,5480));

/* 配列を結合 */
print_r( array_merge_recursive($array1,$array2) );
?>

実行結果です。

Array
(
    [Web] => Array
        (
            [0] => HTML
            [1] => CSS
            [2] => jQuery
            [3] => Javascript
            [4] => php
        )

    [Num] => Array
        (
            [0] => 1821
            [1] => 5234
            [2] => 1805
            [3] => 5480
        )

    [0] => London
    [1] => Rio
    [2] => Tokyo
)

多次元配列が結合されています。配列のキーが同じ場合(ここでは、WebとNum)は、ひとつにまとめられます。

関連記事(一部広告含む)