今日の人気記事

  1. Apache 2.4 のダウンロードとインストール - Windows10
  2. 文字列をファイルに書き込む - file_put_contents()
  3. PHPの設定(パスを通す)と動作確認 - Windows10
  4. PHP + Apache 環境の構築
  5. php.iniファイルの場所/PHPのバージョン確認・変更 - MAMPの使い方

配列を指定したサイズで分割 - array_chunk()

プログラミング言語PHPで、配列を指定したサイズで分割する関数 array_chunk()を紹介します。

array_chunk関数

array array_chunk ( array $input , int $size [, bool $preserve_keys = false ] )
配列を指定したサイズで分割します。
指定したサイズによっては余りが出るので、最後の配列は指定したサイズと異なる場合があります。
引数
$input
分割する配列を指定します。
$size
分割するサイズを指定します。
$preserve_keys
trueの場合は、分割前の配列キーを維持します。
指定しない場合(false)は、数値キーを再度振り直します。
返り値
分割後の多次元配列を返します。

サンプルスクリプト

指定した配列を分割するサンプルスクリプトです。

array_chunk( 分割する配列, 分割サイズ [, true] )
<?php
$a = array('あ', 'い', 'う', 'え', 'お');
print_r( array_chunk($a, 2) );
print_r( array_chunk($a, 2, true) );
?>

実行結果です。指定した分割サイズで、分割された多次元配列が返されます。
第3引数に「true」を指定した場合は、分割前の配列キーを維持します。

Array
(
    [0] => Array
        (
            [0] => あ
            [1] => い
        )

    [1] => Array
        (
            [0] => う
            [1] => え
        )

    [2] => Array
        (
            [0] => お
        )

)
Array
(
    [0] => Array
        (
            [0] => あ
            [1] => い
        )

    [1] => Array
        (
            [2] => う
            [3] => え
        )

    [2] => Array
        (
            [4] => お
        )

)

関連記事(一部広告含む)