今日の人気記事

  1. php.ini の設定
  2. PHPのダウンロードとインストール - Windows環境
  3. 論理値 - boolean
  4. PHPの設定と動作確認 - Windows環境
  5. ヒアドキュメント

配列の値の合計を計算 - array_sum()

スポンサーリンク

Webプログラミング言語PHPで、配列の値の合計を計算する関数array_sumを紹介します。

array_sum関数

number array_sum ( array $array )
配列の値の合計を計算します。
引数
$array
値の合計を計算する配列を指定します。
返り値
int型、もしくはfloat型の配列の合計を返します。

サンプルコード

数値(int型とfloat型)の配列の合計を計算するサンプルコードです。

array_sum( 数値の配列 )
<?php
echo "# 配列の値の合計を計算\n";
$a = array(1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8.1, 9.2);
print_r($a);
var_dump(array_sum($a));
?>

実行結果です。float型の数値の合計を返しています。

# 配列の値の合計を計算
Array
(
    [0] => 1
    [1] => 2
    [2] => 3
    [3] => 4
    [4] => 5
    [5] => 6
    [6] => 7
    [7] => 8.1
    [8] => 9.2
)
float(45.3)

サンプルコード - 数値と文字列が混ざった配列

次は数値と文字列が混ざった配列の合計を計算するサンプルコードです。文字列の配列は、"さん"、"ロク"、"8"です。さて、どうなるでしょうか。

array_sum( 数値と文字列が混ざった配列 )
<?php
echo "# 配列の値に文字列が入っている場合\n";
$b = array(1, 2, "さん", 4, 5, "ロク", 7, "8", 9);
print_r($b);
var_dump(array_sum($b));
?>

実行結果です。文字列の"さん"と"ロク"は、計算されていませんが、"8"については合計に加算されています。数字の文字列は、数値に変換して計算してくれます。

# 配列の値に文字列が入っている場合
Array
(
    [0] => 1
    [1] => 2
    [2] => さん
    [3] => 4
    [4] => 5
    [5] => ロク
    [6] => 7
    [7] => 8
    [8] => 9
)
int(36)

関連記事(一部広告含む)