今日の人気記事

まだデータがありません。

IE対応「html5shiv.js」の使い方

スポンサーリンク

HTML5 で作製したサイトを Internet Explorer 8(IE8)以前のバージョンで閲覧すると……レイアウトががっつりくずれます。

これは HTML5 から新たに導入されたタグ aside article header nav section ……などを解釈してくれないからです。

ここでは、これらのタグを IE8 以前のバージョンに対応させるための対策方法のひとつである「html5shiv.js」というスクリプトを読み込ませる方法を紹介します。

「html5shiv.js」の使い方

スポンサーリンク

ie-html5shiv-a01
「Download ZIP」をクリックします。

ダウンロードした zipファイル「html5shiv-master」を解凍し、dist/html5shiv.js ファイルを対応させたいサイトからにアップロードします。

次に html5shiv.js を読み込む以下のコードを head 内に挿入します。

<!--[if lt IE 9]>
<script src="html5shiv.js"></script>
<![endif]-->

それでは、実際に以下のHTMLスクリプトで「html5shiv.js あり」「html5shiv.js なし」の挙動を確認してみましょう。

<!DOCTYPE html>
<html>
<head>
<meta charset="utf-8">
<title>html5shiv.js - 開発メモ - Webkaru</title>
<link rel="stylesheet" href="style.css" type="text/css" />
<!--[if lt IE 9]>
<script src="html5shiv.js"></script>
<![endif]-->
</head>
<body>
  <header>
    <h1>html5shiv.js あり</h1>
  </header>
  <section>
    <article> </article>
    <aside> </aside>
  </section>
</body>
</html>

「html5shiv.js あり」 「html5shiv.js なし」

Intenet Explorer 8 でアクセスすると……

ie-html5shiv-02
このように「html5shiv.js あり」は適切に表示されますが、

ie-html5shiv-03
「html5shiv.js なし」はスタイルがくずれます。

以上、『HTML5のIE対応「html5shiv.js」の使い方』でした。