今日の人気記事

  1. Chrome拡張機能「Window Resizer」 - ブラウザをデバイスごとの画面サイズへ変更
  2. Mac OS X - wgetコマンドをインストール(使えるようにする)
  3. Mac - テキストエディタ「Atom」のインストール
  4. Chrome拡張機能「WhatFont」 - Webサイトのfont-family、font-size、line-heightを確認
  5. Sublime Text - パッケージのアンインストール・削除

MacPorts の基本設定とコマンドの使い方

スポンサーリンク

ここでは MacPorts の基本設定とよく使うコマンドを紹介します。

基本設定

それでは MacPorts の基本設定をみていきましょう。

パスを通す

まずは、/opt/local/以下にインストールされる MacPorts のさまざまなコマンドをターミナルで使うためにパスを通していきます。

環境変数「PATH」

環境変数「PATH」の設定です。「~/.bash_profile」ファイルに以下のようなコードをファイルの末尾に追加しましょう。

export PATH=/opt/local/bin:/opt/local/sbin:$PATH

※ インストーラを使って、MacPortsをインストールした場合は「~/.bash_profile」ファイルが以下のように、環境変数「PATH」はすでに設定されています。

# MacPorts Installer addition on 2014-08-26_at_13:02:30: adding an appropriate PATH variable for use with MacPorts.
export PATH="/opt/local/bin:/opt/local/sbin:$PATH"
# Finished adapting your PATH environment variable for use with MacPorts.

環境変数「MANPATH」

環境変数「MANPATH」を設定して、コマンドのマニュアルを使えるようしましょう。「~/.bash_profile」ファイルの末尾に以下のコードを追加します。

export MANPATH=/opt/local/share/man:$MANPATH

portコマンド

次はportコマンドの使い方をみていきます。

MacPortsのアップデート

MacPortsを最新の状態にアップデートします。

$ sudo port selfupdate

ports のリスト

利用可能な ports のリストを表示します。

$ port list
…
ArpSpyX                        @1.1            aqua/ArpSpyX
AssignmentTrackerX             @2.0beta3.1     aqua/AssignmentTrackerX
BGHUDAppKit                    @0.7            aqua/BGHUDAppKit
BigSQL                         @1.0            aqua/BigSQL
BiggerSQL                      @1.3.9          aqua/BiggerSQL
Books                          @3.2.5c         aqua/Books
…

このように利用可能な ports のリストを表示します。

ports の検索

指定した「検索ワード」から ports を検索します。

$ port search 検索ワード

例えば、emacs を検索すると、

$ port search emacs
 port search emacs | more
auctex @11.87 (editors, print)
A major emacs mode for editing TeX files.

cedet @1.1 (editors)
Infrastructure for parser based text analysis in Emacs
…

このように検索ワードにマッチした ports のバージョンや簡単な情報が表示されます。

ports の情報を表示

指定した ports の情報を表示します。

$ port info ports名

例えば、emacs の情報を表示してみましょう。

スポンサーリンク
$ port info emacs
emacs @24.3_1 (editors)
Variants:             dbus, gtk, motif, universal, x11

Description:          GNU Emacs is a self-documenting, customizable, extensible
                      real-time display editor. Users new to Emacs will be able
                      to use basic features fairly rapidly by studying the
                      tutorial and using the self-documentation features. Emacs
                      also has an extensive interactive manual browser. It is
                      easily extensible since its editing commands are written
                      in Lisp.
Homepage:             http://www.gnu.org/software/emacs/emacs.html

Build Dependencies:   pkgconfig, texinfo
Library Dependencies: ncurses
Conflicts with:       xemacs
Platforms:            darwin, freebsd
License:              GPL-3+
Maintainers:          dports@macports.org, openmaintainer@macports.org

このように「Variants」「Description」……といったさまざまなな情報が表示されます。

ports の variants を表示

ports の variants を表示します。variants とは、ports をインストールする際に一緒にインストールできるオプションのようなものです。

$ port variants ports名

例えば、emacs には、

$ port variants emacs
emacs has the variants:
   dbus: Builds emacs with D-Bus support
   gtk: Builds emacs as an X11 program with GTK+2 widgets
     * requires x11
   motif: Builds emacs as an X11 program with Motif widgets
     * requires x11
   universal: Build for multiple architectures
   x11: Builds emacs as a X11 program with Lucid widgets

「dbus」「gtk」……といった variants になります。

インストール

指定した ports名をインストールします。

$ port install ports名

例えば、wget をインストールしてみます。

$ sudo port install wget
Password:
--->  Computing dependencies for wget
--->  Dependencies to be installed: gettext expat libiconv ncurses gnutls curl-ca-bundle gmp libidn libtasn1 nettle p11-kit desktop-file-utils glib2 libffi perl5 perl5.16 gdbm zlib popt libxslt libxml2 xz pcre bzip2 libedit
--->  Fetching archive for expat
… 中略 …
To customize wget, you can copy /opt/local/etc/wgetrc.sample to
/opt/local/etc/wgetrc and then make changes.

--->  Cleaning wget
--->  Updating database of binaries
--->  Scanning binaries for linking errors               
--->  No broken files found.

このようにインストールの経過がずらずらと表示され、無事に wget のインストール完了です。

インストール済みの ports を表示

インストール済みの ports を表示してみましょう。

$ port installed
The following ports are currently installed:
  bzip2 @1.0.6_0 (active)
  curl-ca-bundle @7.37.1_0 (active)
  desktop-file-utils @0.22_0 (active)
  expat @2.1.0_0 (active)
  gdbm @1.11_0 (active)
  gettext @0.19.2_0 (active)
  glib2 @2.40.0_1 (active)
…

このようにインストール済みの ports リストが表示されます。

アンインストール

ports をアンインストールします。

$ sudo port uninstall ports名

ここでは先ほどインストールした wget をアンインストールしてみます。

$ sudo port uninstall wget
--->  Deactivating wget @1.15_1+ssl
--->  Cleaning wget
--->  Uninstalling wget @1.15_1+s

このように「Uninstalling wget」と表示され、wget がアンインストールされます。

スポンサーリンク

関連記事(一部広告含む)