今日の人気記事

  1. Mac OS X - wgetコマンドをインストール(使えるようにする)
  2. Chrome拡張機能「WhatFont」 - Webサイトのfont-family、font-size、line-heightを確認
  3. Windows - テキストエディタ「Notepad++」のダウンロードとインストール
  4. HTML の構文チェック - W3C Markup Validation Service
  5. Chrome拡張機能「Window Resizer」 - ブラウザをデバイスごとの画面サイズへ変更

Macターミナルからアプリケーションを起動

スポンサーリンク

Macターミナルからアプリケーションを起動する方法を紹介します。

Macターミナルからアプリケーションを起動

mac-terminal-app-alias-01
Finderを起動し「アプリケーション」→「ユーティリティ」から「ターミナル」を起動します。

まず、cdコマンドでホームディレクトリに移動し、pwdコマンドで確認します。

$ cd
$ pwd
/Users/ユーザー名

これで準備完了です。ここでは例として、Macでのコーディングをするのに便利なテキストエディタ・アプリ「Coda 2」をターミナルから起動できるように設定していきます。

Coda 2 - Panic, Inc.

価格: ¥7,400 (記事公開時)
カテゴリ: 開発ツール
© 2013 Panic Inc

.bashrcファイルを作成し、

スポンサーリンク
$ vi .bashrc

以下のように編集します。行頭のシャープ「#」はコメント文です。この例では「coda」とターミナルに入力すれば、アプリ「Coda 2」が起動するようにしています。「coda」の部分は変更可能です。「co」でもOKです。

# command aliases
alias coda='open -a "Coda 2"'

次に.bash_profileファイルに

$ vi ~/.bash_profile

以下のコードを追記します。

if [ -f ~/.bashrc ] ; then
. ~/.bashrc
fi

追記したコードを反映するために以下のコマンドを実行します。

$ source ~/.bash_profile

これで準備完了です。実際に「Coda 2」を起動してみましょう。プロンプト($)の後ろに「coda」と入力すると!

$ coda

mac-terminal-app-alias-02
このように「Coda 2」が起動します。

コマンド「coda」の後ろにファイル名を入力すると!

$ coda index.html

mac-terminal-app-alias-03
アプリ「Coda 2」でファイル「index.html」が開かれます。

スポンサーリンク

関連記事(一部広告含む)