今日の人気記事

  1. Mac OS X - wgetコマンドをインストール(使えるようにする)
  2. Chrome拡張機能「NoFollow」 - nofollow、noindexを視認
  3. Sublime Text 3 - インデントの設定(スペース・タブ)
  4. Atom - 半角スペース・タブ(不可視文字)を表示
  5. Sublime Text - フォントサイズを変更・設定する方法

Macアプリ「Coda 2」改行コードの変更・変換

スポンサーリンク

Mac の Web 開発アプリ「Coda 2」で改行コードを変更・変換する方法を紹介します。

Coda 2 - Panic, Inc.

価格: ¥7,400 (記事公開時)
カテゴリ: 開発ツール
© 2013 Panic Inc

あなたの Web 開発を加速する、コーディング派の為のテキストエディタ。

mac-app-coda-2-change-breaking-code-01
ここでは、このような HTML スクリプトを例に改行コードの変更・変換方法を紹介します。

mac-app-coda-2-change-breaking-code-02
このままでは改行コードが変更されたかどうかよくわからないので、上部メニューバー「表示」→「不可視文字を表示」をクリックします。

あるいはショートカットキー「command + option + i」を押します。

mac-app-coda-2-change-breaking-code-03
すると、このように不可視文字が表示されます。行末の変なマークが改行コードです。

それでは準備が整ったところで、使用している改行コードを変更する方法をみてみましょう。

改行コードの変更

mac-app-coda-2-change-breaking-code-04
上部メニューバーの「書式」→「改行コード」から変更する改行コードをクリックします。チェックが入っているのが現在の改行コード(ここでは「Windows の改行コード(CRLF)を使用」)です。

スポンサーリンク
  • Unix/Mac OS X の改行コード(LF)を使用
  • クラシック Mac の改行コード(CR)を使用
  • Windows の改行コード(CRLF)を使用
  • Unicode の行区切り(LSEP)を使用
  • Unicode の段落区切り(PSEP)を使用

ここでは「Unix/Mac OS X の改行コード(LF)を使用」に変更してみました。

変更後、スクリプト内で適当に改行してみましょう。

mac-app-coda-2-change-breaking-code-05
すると、このように違う改行コードのマークが表示されます。これでOKです。適切に改行コードが変更されています。

次は改行コードを(一括)変換する方法をみてみましょう。

改行コードの変換

mac-app-coda-2-change-breaking-code-06
上部メニューバーの「書式」→「改行コード」から変換する改行コードをクリックします。

  • Unix/Mac OS X の改行コード(LF)に変換
  • クラシック Mac の改行コード(CR)に変換
  • Windows の改行コード(CRLF)に変換
  • Unicode の行区切り(LSEP)に変換
  • Unicode の段落区切り(PSEP)に変換

ここでは「Unix/Mac OS X の改行コード(LF)に変換」をクリックしました。

mac-app-coda-2-change-breaking-code-07
すると、このように改行コードを一括で変換することができます。

あなたの Web 開発を加速する、コーディング派の為のテキストエディタ。

Coda 2 - Panic, Inc.

価格: ¥7,400 (記事公開時)
カテゴリ: 開発ツール
© 2013 Panic Inc

スポンサーリンク

関連記事(一部広告含む)