今日の人気記事

  1. Sublime Text 3 の日本語化 - Japanize のインストール
  2. Mac - テキストエディタ「Atom」のインストール
  3. Chrome拡張機能「Window Resizer」 - ブラウザをデバイスごとの画面サイズへ変更
  4. Mac - テキストエディタ「Atom」の日本語化
  5. Windows - Sublime Text 3 のダウンロードとインストール

Atom - 半角スペース・タブ(不可視文字)を表示

スポンサーリンク

テキストエディタ「Atom」で、半角スペースやタブなどの不可視文字を表示する方法を紹介します。

mac-atom-show-invisibles-01
デフォルトの設定では、このように不可視文字(半角スペースやタブ……)は表示されません。

プログラムで使われるインデントを適切に取り扱いたい場合は不可視文字を表示しておいたほうが、いいですね。ということで、ここでは Mac にインストールした「Atom」を使って、不可視文字の表示方法を紹介します。他の OS でも同じように設定することができます。

スポンサーリンク

半角スペース・タブ(不可視文字)を表示

mac-atom-show-invisibles-02
アプリ「Atom」を起動し

mac-atom-show-invisibles-03
上部メニューの「Atom」→「Preferences(環境設定)」をクリックします。

mac-atom-show-invisibles-04
すると、「Settings」という設定ウィンドウが表示されるので、

mac-atom-show-invisibles-05
ページを下へスクロールしましょう。

mac-atom-show-invisibles-06
「Editor Settings」のちょい下あたりまでスクロールし、次の項目にチェックを入れましょう。

  • Show Invisibles

mac-atom-show-invisibles-07
すると、このように不可視文字が表示されるようになります。

  • 半角スペース → 中点
  • タブ → ≫
  • 改行 → ¬

これで半角スペース・タブ(不可視文字)が表示できました。

スポンサーリンク