今日の人気記事

  1. 管理画面にログイン・ログアウト
  2. 1ページに表示する最大投稿数を変更 - posts_per_page
  3. WordPressのSEO対策プラグインAll in One SEO Pack
  4. Googleウェブマスターツールの登録

追尾型ソーシャルボタンが設置できるWPプラグインSharebar

スポンサーリンク

簡単に追尾型ソーシャルボタンが設置できるWordPressプラグイン「Sharebar」を紹介します。

WPプラグイン「Sharebar」

インストールと有効化

WordPressのメニュー
→「プラグイン」
→「新規追加」
→「Sharebar」を検索
→「いますぐインストール」
→「有効化」します。

スポンサーリンク

設置

プラグインを有効化するだけで、追尾型のソーシャルボタンは設置されます。

plugin-sharebar-01
デフォルトの設定では、解像度が1000px(変更可)より小さい場合はタイトルの下にソーシャルボタンが設置(これは追尾型ではありません)されます。ウェブブラウザのウインドウを小さくした場合も同様にタイトルの下に固定のソーシャルボタンが設置されます。

plugin-sharebar-02
解像度が1000pxより大きければ追尾型のソーシャルボタンが設置されます。

設定

上の画像のように初期設定では、ツイートボタンが適切に表示されていません。また、日本で運営するサイトでは必要がなさそうな見たことのないボタンがあり、必要な「はてなブックマーク」「Google +1ボタン」がありません。管理画面から設定しましょう。

plugin-sharebar-03
「設定」 -> 「Sharebar」をクリックします。

Sharebarのサイズ変更

plugin-sharebar-04
「Setting」をクリックします。

plugin-sharebar-05
ページの下の方にある「Customize」項目の「Sharebar Width」を変更します。初期設定は60です。ここでは、90に設定しています。ついでに、「Twitter Username」も変更しておきましょう。「Update Settings」をクリックします。

不要なボタンの削除

plugin-sharebar-06
ソーシャルボタン一覧から不要なボタンのACTIONS「Delete」をクリックし、削除しましょう。

Facebookボタン

plugin-sharebar-07
初期設定でFacebookボタンは無効になっているので、左のチェックボックスにチェックを入れ、ソーシャルボタン一覧の下にある選択項目を「Enable」にし、「Update」をクリックしましょう。

plugin-sharebar-08
Facebookボタンを有効化(Enable)するとグレーアウトが解除されます。このままではボタンがずれているので、「Edit」をクリックし、ボタンを編集しましょう。

plugin-sharebar-09
ボタンのずれを修正するには、「Big Button」のソース部分の「width:45px; height:45px;」の部分を調整すればOKです。ここでは「width:80px; height:70px;」に設定しています。

plugin-sharebar-10
ここまで設定すると、このようなSharebarになります。

ボタンの追加

「はてなブックマーク」や「Google +1ボタン」など必要なボタンを追加しましょう。

plugin-sharebar-11
「Add New Button」をクリックします。

plugin-sharebar-12
「はてなブックマーク」の必要項目を入力し、「Add Button」をクリックします。

これで「はてなブックマーク」の追加は終了です。

「Google +1」も「はてなブックマーク」と同じ方法で追加できます。

スポンサーリンク

関連記事(一部広告含む)