今日の人気記事

  1. 投稿IDとカテゴリーIDの確認
  2. ドメイン変更を伴うWordPressサイトのサーバー移転方法
  3. WordPressのマルチサイト機能で複数のサイトを管理(サブディレクトリ)

人気記事を表示するWPプラグインWordPress Popular Posts

スポンサーリンク

ページビューやコメント数の多いを簡単に表示することができるWordPressプラグイン「Wordpress Popular Posts」を紹介します。

WPプラグイン「Wordpress Popular Posts」

インストールと有効化

WordPressのメニュー
→「プラグイン」
→「新規追加」
→「Wordpress Popular Posts」を検索
→「インストール」
→「有効化」します。

設置

人気記事を表示するWPプラグイン「Wordpress Popular Posts」00
WordPressのメニューから「外観」→「ウィジェット」をクリックし、「WordPress Popular Posts」を左側の利用ウィジェットからサイドバーへドラッグすれば、設置完了です。

人気記事を表示するWPプラグイン「Wordpress Popular Posts」
このような人気記事のウィジェットが設置できます。

ウィジェットの ulを olタグに変更したい場合はこちらを参考にしてください。

設定

「Wordpress Popular Posts」のウィジェットの設定を紹介します。

人気記事を表示するWPプラグイン「Wordpress Popular Posts」

・Title → タイトル設定(初期:Popular Posts)

・Show up to → 表示数設定(初期:10)

・Time Range → 期間設定(初期:Last 24 hours)
 24時間(Last 24 hours)
 7日(Last 7 days)
 30日(Last 30 days)
 全期間(All-time)

・Sort posts by → 記事の並べかえ順設定
 コメント数(Comments)
 閲覧数(Total views)
 閲覧数の平均/日(Avg. daily views)

・Thumbnail settings → サムネイル表示

・Stats Tag settings → 統計タグの設定
 コメント数(Display comment count)
 閲覧数(Display views)
 著者(Display author)
 日付(Display date)


以上です。次はテーマへの挿入方法をみてみましょう。

テーマ内へ「Wordpress Popular Posts」を挿入

WPプラグイン「Wordpress Popular Posts」をテーマ内の好きな場所に挿入したい場合は、以下のPHPコードを挿入すれば、OKです。

<?php if (function_exists('wpp_get_mostpopular')) wpp_get_mostpopular(); ?>
</li>

また、PHPコード内にさまざまな変数を指定することで、ウィジェットと同じようにカスタマイズすることが可能です。以下の例では、「期間設定 → 月」「コメント数表示 → なし」に設定しています。

<?php if (function_exists('wpp_get_mostpopular')) wpp_get_mostpopular("range=monthly&stats_comments=0"); ?>
</li>

その他、利用できる変数の値は「Wordpress Popular Posts」の「よくある質問」に掲載されています。

wp-popular-posts

以上です。サイトに合わせて、いろいろ設定してみましょう。以上、「人気記事を表示するWPプラグインWordpress Popular Posts」でしたー。

関連記事(一部広告含む)