今日の人気記事

  1. 外部リンクに別窓(target="_blank")を設定できるWPプラグイン「WP External Links」
  2. あなたのプロフィール – 管理画面のメニュー
  3. 「ユーザー名」「パスワード」を忘れた場合
  4. WordPressのメンテンナンスモードを解除する方法
  5. WordPressのマルチサイト機能で複数のサイトを管理(サブディレクトリ)

WPプラグインGoogle XML Sitemapsを使ってウェブマスターツールにサイトマップを登録する方法

スポンサーリンク

WordPressプラグイン「Google XML Sitemaps」を使ってウェブマスターツールにサイトマップを登録する方法を紹介します。

サイトをGoogleウェブマスターツールに登録していない場合は、こちらを参考に登録しましょう。

WPプラグイン「Google XML Sitemaps」

インストールと有効化

WordPressのメニュー
→「プラグイン」
→「新規追加」
→「Google XML Sitemaps」を検索
→「いますぐインストール」
→「有効化」します。

サイトマップの作成

wp-sitemap-1
WordPressのメニューから「設定」→「XML Sitemap」をクリックし、サイトマップを作成するために「こちらをクリック」をクリックします。

クリックするとサイトマップが作成され以下のようなページに変わります。

wp-sitemap-2
「サイトマップ」にマウスカーソルを合わせ、サイトマップURLを確認しましょう。ウェブマスターツール登録時に必要になります。サイトマップを作成するとGoogleやBingに更新を通知してくれます。

ちなみに、サイトマップURLは、WordPressをインストールしたURL/sitemap.xmlになります。

・http://example.com/にWordPressをインストールした場合
 → http://example.com/sitemap.xml

・http://web-karuma.net/blog/にWordPressをインストールした場合
 → http://web-karuma.net/blog/sitemap.xml

ウェブマスターツール

サイトマップ「http://web-karuma.net/blog/sitemap.xml」をウェブマスターツールに登録する例を紹介します。

サイトマップの登録

wp-sitemap-4
ウェブマスターツールにログインし、左メニューから「最適化」→「サイトマップ」をクリックします。

wp-sitemap-5
「サイトマップの追加/テスト」をクリックします。

wp-sitemap-6
先ほど作成したサイトマップURLを入力し、「サイトマップを送信」をクリックします。

wp-sitemap-7
サイトマップが送信されました。「ページを更新する。」をクリックします。

wp-sitemap-8
送信したサイトマップが表示されます。これでOKです。

以上、『WPプラグイン「Google XML Sitemaps」を使ってウェブマスターツールにサイトマップを登録する方法』でした。

関連記事(一部広告含む)