今日の人気記事

  1. WordPressページナビゲーションを作成するプラグインWP-PageNavi
  2. 管理画面にログイン・ログアウト
  3. WordPressをローカルにインストール - MAMP
  4. Web環境のWordPressをローカル環境にコピー - MAMP
  5. ドメイン変更を伴うWordPressサイトのサーバー移転方法

WordPressのSEO対策プラグインAll in One SEO Pack

スポンサーリンク

簡単にSEO対策ができちゃうWordPressの定番SEO対策プラグイン「All in One SEO Pack」を紹介します。

WPプラグイン「All in One SEO Pack」

今回紹介するプラグイン「All in One SEO Pack」は、SEO対策と設定の簡単さで根強い人気があります。ちょっと設定が複雑ですが、「WordPress SEO by Yoast」もSEO対策におすすめです。

インストールと有効化

WordPressのメニュー
→「プラグイン」
→「新規追加」
→「All in One SEO Pack」を検索
→「いますぐインストール」
→「有効化」します。

スポンサーリンク

設定

wp-all-in-one-seo-1
プラグインを有効化するとWordPress管理画面の左メニューに「All in One SEO」が追加されます。「General Settings」をクリックして設定を行います。

General Settings

wp-all-in-one-seo-2

このプラグインを利用し、すでに募金しています 募金している方はチェックを入れましょう。
Canonical URLs head内にlink rel="canonical"を記述してくれます。重複コンテンツやタイトルタグの重複を防ぐために必ずチェックしましょう。
Use Origitnal Title テーマやプラグインでwp_titleを利用/利用停止を選択します。タイトルの競合を防ぐために利用します。
ログの重要なイベント チェックを入れるとイベントログを作成します。

Home Page Settings

wp-all-in-one-seo-3

ホームタイトルWordPressサイトのホーム(トップページ)タイトルを記述します。
ホーム詳細ホームのmeta descriptinを記述します。
ホームキーワードホームのキーワードをカンマ区切りで記述します。

Keyword Settings

wp-all-in-one-seo-4

Use Keywords利用/利用停止を選択します。
メタキーワードとしてカテゴリを使うカテゴリを使う場合にチェックしましょう。
メタキーワードとしてタグを使うタグを使う場合にチェックしましょう。
動的に投稿ページのキーワードを生成するチェックを入れると自動的にキーワードを生成してくれます。

Title Settings

wp-all-in-one-seo-5

タイトルを書き換える利用/利用停止を選択します。利用を選択し、タイトルをカスタマイズしましょう。
Capitalize Titlesタイトルの頭文字を大文字にします。日本語のタイトルであればあまり関係ないですね。
カテゴリタイトルを大文字する英字のカテゴリを大文字にします。
各種タイトルフォーマット各種タイトルフォーマットがカスタマイズできます。サイトに合わせて修正しましょう。

フォーマットに利用できるマクロ一覧です。

%blog_title%ブログタイトル
%blog_description%ブログの詳細(description)
%page_title%固定ページのオリジナルタイトル
%category_title%The (main) category of the page
%category%%category_title%のエイリアス
%page_author_login%このページの投稿者のログイン
%page_author_nicename%このページの投稿者のニックネーム
%page_author_firstname%このページの投稿者の名(基本大文字英字)
%page_author_lastname%このページの投稿者の姓(基本大文字英字)

Custom Post Type Settings

wp-all-in-one-seo-6

カスタム投稿用のSEOカスタム投稿用のSEOを利用/利用停止を選択できます。

WordPress 3.0から導入されたカスタム投稿を設定(All in One SEO Packの設定ではなく、プラグインやfunction.phpで設定)すれば、通常の投稿と固定ページに加えて、独自の投稿スタイルをカスタマイズしてメニューに加えることができます。カスタム投稿を利用している方は、「利用」を選択し、SEO対策をしましょう。

Display Settings

wp-all-in-one-seo-7

Show Column Labels for Custom Post Typesチェックすると投稿一覧・固定ページ一覧にAll in One SEO Packにラベルが追加されます。
Display Menu In Admin BarチェックするとWordPress管理画面のトップバーに「AONSEOP(All in One SEO Pack)」のメニューが追加されます。

Webmaster Verification

wp-all-in-one-seo-8

Google Webmaster ToolsVerification codeを入力します。
Bing Webmaster CenterVerification codeを入力します。
Pinterest Site VarificationVerification codeを入力します。

Google Settings

wp-all-in-one-seo-9

Google Plus Default ProfileGoogle PlusのプロファイルURLを入力します。
GoogleアナリティクスIDGoogle アナリティクスのIDを入力します。

Noindex Settings

wp-all-in-one-seo-10

カテゴリをnoindexにするチェックするとすべてのカテゴリページにmeta noindexが挿入されます。
アーカイブをnoindexにするすべてのアーカイブにmeta noindexを挿入。
タグをnoindexにするすべてのタグにmeta noindexを挿入。

Advanced Settings

wp-all-in-one-seo-11

詳細を自動生成チェックするとmeta descriptionを自動生成してくれます。

その他ヘッダーに追記などの設定ができます。

投稿ページのAll in One SEO Pack

プラグインAll in One SEO Packを有効化すると個別投稿ページに以下の設定が追加されます。

wp-all-in-one-seo-12

Preview Snippet投稿ページのスニペットが表示されます。
Title個別投稿ページのタイトルを編集します。Title Settingsで設定したタイトルを上書きします(こちらが優先)。
Description個別投稿ページのmeta descritionを編集します。
Keywords (comma separated)個別投稿ページのmeta keywordsを編集します。
Robots Meta NOINDEX個別投稿ページにmeta noindexを追加します。
Robots Meta NOFOLLOW個別投稿ページにmeta nofollowを追加します。
Disable on this page/post個別投稿ページのAll in One SEOを無効にします。

「All in One SEO Pack」というプラグイン名にふさわしく?SEOに関するさまざまな設定ができますね。これは間違いなくおすすめプラグインのひとつです。

以上、「WordPressのSEO対策プラグインAll in One SEO Pack」でしたー。

スポンサーリンク

関連記事と広告