今日の人気記事

  1. 管理画面にログイン・ログアウト
  2. 1ページに表示する最大投稿数を変更 - posts_per_page
  3. WordPressページナビゲーションを作成するプラグインWP-PageNavi
  4. WordPressのテーマをチェックするプラグインTheme-Check
  5. ドメイン変更を伴うWordPressサイトのサーバー移転方法

ランダムにバナー広告を表示するWPプラグイン Ads by datafeedr.com

スポンサーリンク

ランダムにバナー広告や画像を表示するWordPressプラグイン「Ads by datafeedr.com」を紹介します。

Javascriptでバナー広告をランダムに表示する方法もありますが、ちとめんどくさいですね。今回紹介するプラグイン「Ads by datafeedr.com」を使えば、簡単にバナー広告をランダム表示することができます。しかも、広告バナーの「表示期間の指定」「表示回数の指定」「グルーピング」ができるので大変便利です。それでは実際に使い方をみてみましょう。

WPプラグイン「Ads by datafeedr.com」

インストールと有効化

WordPressのメニュー
→「プラグイン」
→「新規追加」
→「Ads by datafeedr.com」を検索
→「いますぐインストール」
→「有効化」します。

wp-plugin-ads-datafeedr-00
有効化すると管理画面の左サイドメニューに「Ads」が表示されるので、クリックします。

wp-plugin-ads-datafeedr-01
クリックすると「All Ads」が表示されます。広告や画像を登録するとここに一覧表示されます。それでは「Add New Ad」をクリックして、広告を追加してみましょう。

wp-plugin-ads-datafeedr-10
記事の投稿画面と似たページが表示されるので、広告のタイトルと広告のタグを入力します。

wp-plugin-ads-datafeedr-11
次は右カラムをみてみましょう。記事と同じようにグループが追加できます。ここでは「おすすめ!」というグループを追加してみます。

wp-plugin-ads-datafeedr-12
下の方をみてみましょう。「Data Range」から広告表示の開始日(Start Date)と終了日(End Date)が指定できます。

wp-plugin-ads-datafeedr-13
「Impression Limit」を指定すると広告の表示回数を指定できます。ここでは「1000」と指定しているので、広告表示が1000回を超えると表示されなくなります。「0」、あるいは空欄の場合は、表示回数が無制限になります。

wp-plugin-ads-datafeedr-15
さて、広告の設定が終了したら、右上の「公開」をクリックします。

同じ要領で広告をもう1つ追加し、広告一覧(All Ads)をみてみましょう。

wp-plugin-ads-datafeedr-20
広告一覧に2つの広告が表示されています。広告の表示開始日(始め)、終了日(終わり)、広告表示回数(Impression Count)、広告の表示回数制限(Impression Limit)がひと目でわかるので便利ですね。

これで広告の準備は完了です。次は準備した広告の表示方法です。管理画面の左サイドメニュー「設定」→「Ads」をクリックします。

wp-plugin-ads-datafeedr-30

・Enable shortcodes in Text Widgets
Enableにチェックを入れるとWordPressのテキストウィジェットで「shortcode」が使えるようになります。「shortcode」については後述。

・Enable ad impression count for admin(s)
Enableにチェックを入れるとWordPressに管理者(admin)としてログインしてる場合の広告表示回数もカウントします。

wp-plugin-ads-datafeedr-40
「Shortcode」を選択し、「Groups」「Number of Ads(広告表示数)」「Order By(広告表示順)」などを選択・入力すると自動的に「Shortcode」が生成されます。

[dfads params='groups=72&limit=1']

▲「Shortcode」を投稿に挿入するとこのようになります。

wp-plugin-ads-datafeedr-50
テンプレートに広告を挿入したい場合などは「PHP」を選択します。

関連記事(一部広告含む)