今日の人気記事

  1. 投稿IDとカテゴリーIDの確認

Googleセーフブラウジングでペナルティを受けていないか確認する方法

スポンサーリンク

大手Webサイト(「毎日jp」「マイナビニュース」「ORICON STYLE」など)が「不正なソフトウェアが存在する可能性があります」などと警告され、一時ブロックされるというペナルティを受けました。広告が原因だったようだが……。

「もしかしたら!自分のサイトもそういったペナルティを受けているかも!」ということで、今回はGoogleセーフブラウジングでペナルティを受けていないか確認する方法を紹介します。

Googleセーフブラウジング

GoogleセーフブラウジングのURLの末尾にペナルティを確認したいサイトのURLを付け足して、ブラウザでアクセスすればOKです。

http://www.google.com/safebrowsing/diagnostic?site=確認したいサイトのURL

ペナルティを受けた「毎日jp」を確認してみましょう。

http://www.google.com/safebrowsing/diagnostic?site=mainichi.jp

img 2013-03-13 11.25.21

mainichi.jp の現在の状況
現在のところ、このサイトは疑わしくないと認識されています。
過去 90 日間に、このサイトの一部で不審な動きが 52 回検出されています。

ペナルティを受けた場合、「サイトの一部で不審な動きが 52 回検出」と指摘され、「Google がこのサイトを巡回したときの状況」「不正なソフトの感染を広げる媒介をしていたかどうか」が確認できます。

とあるサイト(xn--vckta6cvfd6b1db3419g3s0aojiei4i.biz)も確認してみましょう。

img 2013-03-13 11.29.18

当サイトは疑わしくないと認識されているようです。ただ、気になる記述が……。

Google がこのサイトを巡回したときの状況
Google は過去 90 日の間、このサイトを巡回していません。

そりゃないぜ……Google先生……。

関連記事(一部広告含む)