今日の人気記事

  1. 管理画面にログイン・ログアウト
  2. WordPressページナビゲーションを作成するプラグインWP-PageNavi
  3. ドメイン変更を伴うWordPressサイトのサーバー移転方法
  4. 1ページに表示する最大投稿数を変更 - posts_per_page
  5. 投稿IDとカテゴリーIDの確認

ダッシュボードのホームをカスタマイズ - 管理画面のメニュー

スポンサーリンク

WordPressの管理画面のメニュー「ダッシュボードのホーム」のカスタマイズ方法を解説します。

ダッシュボード

ホーム

WordPressにログインすると、管理画面ダッシュボードのホームが表示されます。このダッシュボードは「項目の表示/非表示」や「スクリーンレイアウト」を変更でき、自分流にカスタマイズすることができます。カスタマイズをするのとしないのでは、使い勝手が格段に違うので、カスタマイズすることをおすすめしまーす!

表示オプションのカスタマイズ

wp-dashboard-custom-1
ダッシュボードの右上にある「表示オプション」をクリックします。

wp-dashboard-custom-2
びよーんと「表示する項目」と「スクリーンレイアウト」がでてきます。

スポンサーリンク

表示する項目

表示する項目には以下の9つの項目がありチェックされているものが表示されています。非表示にしたい場合はチェックをはずせばOKです。

  • 現在の状況
  • 最近のコメント
  • 被リンク
  • プラグイン
  • クイック投稿
  • 最近の下書き
  • WordPress ブログ
  • WordPress フォーラム
  • ようこそ

WordPressの操作に慣れていない方は、まずは前項目を表示しておいて、慣れてきたら少しずつ自分流にダッシュボードをカスタマイズしていくのがいいでしょう。

ちなみに筆者は、「現在の状況」「 被リンク」「プラグイン」「最近の下書き」「WordPress ブログ」「 WordPress フォーラム」の6つを表示しています。

スクリーンレイアウト

スクリーンレイアウトは、列の数を1、2、3、4から選択することができます。初期設定の列の数は、2です。

wp-dashboard-custom-3
列の数が1の場合。

wp-dashboard-custom-4
列の数が2の場合。

wp-dashboard-custom-5
列の数が3の場合。初期設定から列の数を3に変更した場合、一番右の列に何も表示されないので、表示させたい項目をドラックアンドドロップしましょう。

wp-dashboard-custom-6
列の数が4の場合。初期設定から列の数を4に変更した場合、右の2つの列に何も表示されないので、表示させたい項目をドラックアンドドロップしましょう。

ちなみに筆者は、列の数を3に設定しています。ディスプレイのサイズや解像度を考慮して、自分流にカスタマイズしてみましょう。

スポンサーリンク

関連記事(一部広告含む)