エックスサーバー - サーバー情報を確認する方法

エックスサーバーの「サーバー情報」を確認する方法をみていきます。

ひとつのページでサーバー情報や設定情報が閲覧できれば、いいのですが。残念ながら、そんなページはないので、どこに何が記載されているかを確認しておきましょう。

xserver-info-00
まず、「サーバーID(ユーザID)」「パスワード」を入力し、「サーバーパネル」にログインします。

xserver-info-01
ログインすると左上に「設定対象ドメインデータ」が表示されています。以下の情報が確認できます。設定対象ドメインは左下から変更できます。

・ドメイン
・サブドメイン
・メールアカウント
・FTPアカウント

xserver-info-02
次はサーバーパネルの左側の「アカウントデータ」をみてみましょう。以下の情報が確認できます。

・サーバーID
・ご利用プラン
・ディスク使用量
・空き容量
・ドメイン
・サブドメイン
・メールアカウント
・FTPアカウント
・MySQL

xserver-info-10
次にACCOUNT項目の「サーバー情報」をクリックします。

xserver-info-11
クリックするとサーバー情報が表示されます。以下の情報が確認できます。

・ホスト名
・IPアドレス
・OS
・CPU
・メモリー
・Apacheバージョン
・Perlバージョン
・PHPバージョン
・MySQLバージョン
・ホームディレクトリ
・ネームサーバー

※ PHPバージョンは複数あります。利用しているバージョンを確認する場合は、「PHP Ver.変更」から確認します。

xserver-info-12
上部メニュー「perlモジュール一覧」をクリックすると、「perlモジュール一覧」が確認できます。

xserver-info-13
上部メニュー「コマンドパス一覧」をクリックすると、以下の「コマンドパス一覧」が確認できます。

・Perl
・PHP
・Ruby
・Python
・nkf
・sendmail
・gzip
・zip
・unzip
・lynx

コマンドパスは、エックスサーバーで以下のようなスクリプトを実行させる場合に必要になります。

#!/usr/bin/perl
スクリプト

また、WordPressのプラグインでもたまに必要になってきます。
例えば » WP-DBManager

xserver-info-14
上部メニュー「バックアップ状況」をクリックすると、エックサーバーが自動で取得してくれているバックアップの状況が確認できます。7日間分のデータを保存してくれています。便利ですね。

詳細はこちら ➠ レンタルサーバー Xserver