エックスサーバー Movable Typeの自動インストール

エックスサーバーのサーバコントロールパネルにある自動インストール機能を利用して、「Movable Type(MT)」をインストールする方法を紹介します。

Movable Typeの自動インストール

xserver-mt-install-00
「サーバーID(ユーザID)」「パスワード」を入力し、サーバパネルへログインします。

xserver-mt-install-01
ログインしたら左下からMovable Typeをインストールするドメインを選択し、「設定対象ドメインの変更」をクリックします。

xserver-mt-install-02
HOMEPAGE項目の「自動インストール」をクリックします。

xserver-mt-install-03
自動インストールのメニューです。「プログラムのインストール」をクリックします。

xserver-mt-install-04
「Movable Type Open Source」欄の「インストール設定」をクリックします。

xserver-mt-install-05
インストールの設定です。以下を参考に設定項目を入力・選択し、「インストール(確認)」をクリックします。

インストールURL MTをインストールするディレクトリを入力します。
ブログ名ブログ名を入力します。
ブログ公開URLブログを公開するURLを入力します。「インストールURL」とは別のURLにしましょう。
管理ユーザ名MTの管理ユーザ名を入力します。
管理者表示名管理者の表示名を入力します。
メールアドレスMTから連絡を受け取るメールアドレスを入力します。
管理者パスワード管理者のパスワードを入力します。
パスフレーズパスフレーズを入力します。
データベース「自動でデータベースを生成する」「作成済みのデータベースを利用する」から選択します。特に理由がない場合は「自動でデータベースを生成する」を選択しましょう。

 

xserver-mt-install-06
インストールするMovable Typeの設定を確認し、問題無ければ「インストール(確定)」をクリックします。

xserver-mt-install-07
Movable Type Open Sourceのインストールが完了です。表示されているURLをクリックし、MTへログインしましょう。

xserver-mt-install-08
Movable Typeのログイン画面です。先ほど設定した「ユーザー名」「パスワード」を入力し、サインインしましょう。

xserver-mt-install-09
MTのダッシュボードです。これでインストール作業は全て完了です。

詳細はこちら ➠ エックスサーバー