今日の人気記事

  1. PHP + Apache 環境の構築
  2. require、require_once - ファイルの取り込み
  3. 数値の小数点以下を処理(四捨五入・切り捨て・切り上げ) - round関数、floor関数、ceil関数
  4. ファイルから1行ずつ読み込む - fgets()
  5. MySQLサーバーへの接続を閉じる(手続き型) - mysqli_close()

PHPのパスを通す - MAMPの使い方

当ページのリンクには広告が含まれています。

MAMP環境のPHPへパスを通す方法を解説します。

Macのターミナルで、phpコマンドを実行すると/usr/bin/php を実行します。whichコマンドを実行すると実行しているコマンドのフルパスが表示されます。

$ which php
/usr/bin/php
$ php -v
PHP 5.3.15 with Suhosin-Patch (cli) (built: Dec  9 2012 19:32:02) 
Copyright (c) 1997-2012 The PHP Group
Zend Engine v2.3.0, Copyright (c) 1998-2012 Zend Technologies

これは、Macにあらかじめ用意されたphpコマンドです。ここでは、MAMP環境のphpコマンドへパスを通す方法を紹介します。

MAMPのPHPへパスを通す

まず、/usr/bin/php をリネームします。

$ sudo mv /usr/bin/php /usr/bin/php.org

次にMAMPのPHPへパスを通します。MAMPのPHP(/Applications/MAMP/bin/php)には、複数のバージョンがインストールされています。

$ pwd
/Applications/MAMP/bin/php
$ ls
php5.2.17 php5.3.20 php5.4.10

どれにパスを通してもOKです。ここでは、PHP v5.4のパスへ通します。ユーザーのホームディレクトリにある ~/.bash_profileファイルを以下のコードを追記します。

export PATH=$PATH:/Applications/MAMP/bin/php/php5.4.10/bin

設定を反映するために、~/.bash_profileを読み込みます。ターミナルを再起動しても設定は反映されます。

$ source ~/.bash_profile

設定が適切に反映されたかを確認しましょう。phpコマンドのパス、バージョンともに適切に変更されていますね。

$ which php
/Applications/MAMP/bin/php/php5.4.10/bin/php
$ php -v
PHP 5.4.10 (cli) (built: Jan 21 2013 15:12:32) 
Copyright (c) 1997-2012 The PHP Group
Zend Engine v2.4.0, Copyright (c) 1998-2012 Zend Technologies
    with XCache v2.0.1, Copyright (c) 2005-2012, by mOo

Mac の人気記事

  1. PHP + Apache 環境の構築
  2. 日本語環境の設定 - mbstring
  3. php.ini の設定
  4. php.iniファイルの場所/PHPのバージョン確認・変更 - MAMPの使い方
  5. PHPのパスを通す - MAMPの使い方

関連記事(一部広告含む)