今日の人気記事

  1. jQueryファイルの読み込み

:checkboxセレクター

スポンサーリンク

jQueryの:checkboxセレクターの解説をします。

:checkboxセレクターは、input要素のtype属性がcheckboxのものを選択するフィルターです。

<input type="checkbox" />

サンプル/デモ

では、「:checkboxセレクター」の動きを簡単なサンプルで確認してみましょう。

サンプルでは、クリックされたチェックボックスのイベントを拾って、アラートを表示するように設定しています。

<script>
$(document).ready(function () {
  $(":checkbox").click(function(){
    alert("piyo");   
  })
});
</script>

「:checkboxセレクター」のサンプル

ソース( HTML + jQuery )


<!DOCTYPE html>
<html>
<head>
<meta charset="utf-8" />
<meta name="description" content=":checkboxセレクターのサンプル/デモでーす。">
<title>:checkboxセレクター - jQuery入門</title>
<script src="http://code.jquery.com/jquery-2.0.0.js"></script>
</head>
<body>
<form>
<input type="checkbox" name="ora" value="oraora" />
<label for="ora">hoge</label>
</form>
</body>
<script>
$(document).ready(function () {
  $(":checkbox").click(function(){
    alert("piyo");   
  })
});
</script>
</body>
</html>

checkbox-selector-01
サンプルをブラウザで確認するとこのように表示されます。

チェックボックスにチェックを入れると、

checkbox-selector-02
このようにアラートが表示されます。

チェックボックスのイベントを拾っているので、「チェックを入れた場合」「チェックを外した場合」のどちらもアラートが表示されます。

スポンサーリンク

関連記事(一部広告含む)