今日の人気記事

  1. CDNにホストされているjQueryファイルの読み込み
  2. .click() 関数 - クリックイベント
  3. :textセレクター

属性セレクター [attribute*='value']

スポンサーリンク

jQueryの属性セレクター [attribute*='value']の解説をします。

属性セレクター [attribute*='value']は、指定した属性名(attribute)が値(value)の文字列を含んでいる要素を選択します。

サンプル/デモ

では、「属性セレクター [attribute*='value']」の動きを簡単なサンプルで確認してみましょう。

<script>
$(document).ready(function () {
  $("[id*='oreore']").addClass("add-css");
  $("span[class*='oraora']").css("color", "red");
});
</script>

サンプルでは、属性名に[id]を、値にoreoreを指定しているので、oreoreという文字列を含むidを持つ全ての要素にクラス.add-cssが追加されます。また、spanの属性名に[class]を、値にoraoraを指定しているので、oraoraという文字列を含むクラスを持つspanのcolorがredになります。

「属性セレクター [attribute*='value']」のサンプル

ソース( HTML + jQuery )


<!DOCTYPE html>
<html>
<head>
<meta charset="utf-8" />
<meta name="description" content="属性セレクター [attribute*='value']のサンプル/デモでーす。">
<title>属性セレクター[attribute*='value'] - jQuery入門</title>
<script src="http://code.jquery.com/jquery-2.0.0.js"></script>
</head>
<body>
<section>
  <p id="id1">foo</p>
  <p id="oreore-id">bar</p>
  <p id="id2">baz</p>
</section>
<div>
  <p class="class1">hoge</p>
  <span class="oraora-class">piyo</span>
  <span class="class2">fuga</span>
</div>
</body>
<style>
.add-css {
  border: 3px double red;
}
</style>
<script>
$(document).ready(function () {
  $("[id*='oreore']").addClass("add-css");
  $("span[class*='oraora']").css("color", "red");
});
</script>
</body>
</html>

attribute-contains-selector
サンプルをブラウザで確認するとこのように表示されます。

属性名に[id]を、値にoraoraを指定しているので、「bar」にクラス.add-cssが追加され、2重の赤枠が表示されています。また、spanの属性名に[class]を、値をoreoreを指定しているので、「piyo」が赤くなっていることが分かります。

スポンサーリンク

関連記事(一部広告含む)