今日の人気記事

  1. Tableカラム(列)にソート機能を追加「Tablesorter」
  2. 指定した要素を上下左右にスクロール「Marquee」
  3. 虫眼鏡のように画像の一部を拡大「Zoomple」
  4. テキストエリアの入力フォームをポップアップで大きく表示「Textarea full screen」
  5. テーブルにスクロールバーをつける「Scroll Table」

指定した要素にさまざまなオーバーレイを「plainOverlay」

スポンサーリンク

指定した要素にさまざまなオーバーレイを実装することのできるプラグイン「plainOverlay」を紹介します。

jQueryプラグイン「plainOverlay」

このプラグインを使えば、指定した要素の上にその他の要素を重ねる、オーバーレイを簡単に実装することができます。

show/hide という2つのトリガーを使って、オーバーレイの表示/非表示を切り替えます。

クリックや時間などを使って、これらを制御するとさまざまな効果をサイト上に加えることができますね。

スポンサーリンク

それではデモページでは body要素にオーバーレイしています。それではご覧ください。

「plainOverlay」のデモ

デモのソース(HTML + jQuery)


<!DOCTYPE html>
<html>
<head>
<meta charset="utf-8">
<meta name="description" content="plainOverlay のデモでーす。">
<title>plainOverlay - jQueryプラグイン</title>
</head>
<body>
<h1>plainOverlay のデモでーす。</h1>

<script charset="utf-8" src="http://code.jquery.com/jquery-1.10.1.min.js"></script>
<script src="jquery.plainoverlay.min.js"></script>
<script>
var count = 5, progress = $('<div style="font-size: 300px; color: #fff;">5</div>');

$('body').plainOverlay('show',
  {progress: function() { return progress; }
});

setTimeout(function() {
  $('body').plainOverlay('hide'); }, 5000);

function countDown() {
  progress.text(--count);
  if (count >= 0) { setTimeout(countDown, 1000); }
}

setTimeout(countDown, 1000);
</script>
</body>
</html>
スポンサーリンク

関連記事(一部広告含む)