今日の人気記事

  1. 画像スライドショー「jCarousel」オプションたくさんアルヨ
  2. ページ内リンクをゆっくりスクロール「Smooth Scroll」
  3. スポットライトの効果をWeb上に「Canvas Overlay」
  4. 日付と時間の入力を補助する「DateTimePicker」
  5. ぶるぶる震えるバイブ効果を実装「Vibr」

指定した要素をクリックで編集可能に「makeEditable」

スポンサーリンク

指定した要素をクリックで編集可能にするプラグイン「makeEditable」を紹介します。

jQueryプラグイン「makeEditable」

このプラグインを使えば、指定した要素をクリックすると「リスト」や「テキスト」……といった編集可能な入力フォームにしてくれます。

編集を完了し、他の部分をクリックすると元の要素に戻ります。

スポンサーリンク

それではデモページを編集してみてください。

「makeEditable」のデモ

デモのソース(HTML + jQuery)


<!DOCTYPE html>
<html>
<head>
<meta charset="utf-8">
<meta name="description" content="makeEditable のデモでーす。">
<title>makeEditable - jQueryプラグイン</title>
</head>
<body>
<h1>makeEditable のデモ。</h1>
<p>クリック → <span data-type="list" data-value="2" data-callback="dataCallback">こんにちは。</span></p>
<p>クリック → <span data-type="text" data-elemName="useThisElemName">テキスト</span></p>

<script src="http://ajax.googleapis.com/ajax/libs/jquery/1.10.2/jquery.min.js"></script>
<script type="text/JavaScript" src="jQuery.makeEditable.js"></script>
<script>
$(document).ready(function() {
  $("span[data-type]").makeEditable();
});
var dataCallback = function() {
  var valuesList = [];
  valuesList.push({value: 1, label: "おはよう。"});
  valuesList.push({value: 2, label: "こんにちは。"});
  valuesList.push({value: 3, label: "こんばんは。"});
  return valuesList;
};
</script>
</body>
</html>
スポンサーリンク

関連記事(一部広告含む)