今日の人気記事

  1. スクロールしてもついてくる「Sticky」
  2. 指定した要素を更新(変更)する「Refreshing an element at a set time interval」
  3. select要素の複数選択フォームを実装「Multiple Select」
  4. テーブルやリストから文字列を検索「QuickSearch」
  5. 数値範囲をマウスで指定 - レスポンシブ・レンジスライダー「noUiSlider」

指定した時間内に操作がない場合にアラート・リダイレクト「IdleTimeout」 - jQueryプラグイン

スポンサーリンク

指定した時間内に操作がない場合にアラート・リダイレクトするプラグイン「IdleTimeout」を紹介します。

IdleTimeout

このプラグインを使うと、指定した時間にキーボード操作やマウスに何も操作がない場合にアラートを表示し、リダイレクトしてくれます。

Webサイトにログインするシステムを構築している際に便利なプラグインですね。一定時間、操作がない場合はログアウトといったシステムを簡単に実装できます。

スポンサーリンク

デモにアクセスし、10秒間ぼぉーっとしてみてくだだい。

「IdleTimeout」のデモ

ソース(HTML + jQuery)


<!DOCTYPE html>
<html>
<head>
<meta charset="utf-8">
<meta name="description" content="idleTimeoutのデモでーす。">
<link type="text/css" rel="stylesheet" href="http://ajax.googleapis.com/ajax/libs/jqueryui/1.10.3/themes/ui-lightness/jquery-ui.css"  />
<script src="http://ajax.googleapis.com/ajax/libs/jquery/1.10.2/jquery.min.js" type="text/javascript"></script>
<script src="http://ajax.googleapis.com/ajax/libs/jqueryui/1.10.3/jquery-ui.min.js" type="text/javascript"></script>
<script src="store.js"></script>
<script src="jquery-idleTimeout.js"></script>

<script>
$(document).ready(function(){
  $(document).idleTimeout({
    idleTimeLimit: 10000,
    dialogDisplayLimit: 5000,
    redirectUrl: 'https://webkaru.net/jquery-plugin/',
    activityEvents: 'click keypress scroll wheel mousewheel',
    sessionKeepAliveTimer: false,
  });
}); 
</script>

</head>
<body>
<h1>idleTimeout のデモでーす。</h1>
<p>10秒間、キーボードやマウスを操作しないアラートが表示され、5秒後にリダイレクトします。</p>
</body>
</html>

jsファイルのダウンロード、その他のオプション詳細はこちらからどうぞ。
» IdleTimeout

また、このプラグインを使用する場合は「store.js」ファイルも必要です。以下のリンクからどうぞ。
» store.js

スポンサーリンク

関連記事(一部広告含む)