今日の人気記事

  1. Windows10 - XAMPP のダウンロードとインストール
  2. XAMPP - phpMyAdminでMySQLデータベースの作成
  3. Chrome拡張機能「WhatFont」 - Webサイトのfont-family、font-size、line-heightを確認
  4. Chrome拡張機能「Window Resizer」 - ブラウザをデバイスごとの画面サイズへ変更
  5. Mac - テキストエディタ「Atom」のインストール

XAMPP - ポート番号の使用/未使用を確認(portcheck.bat)

スポンサーリンク

XAMPP を使って、ポート番号の使用/未使用を確認する方法を紹介します。

XAMPP には、ポート番号を使用しているかどうかを確認するバッチファイル「portcheck.bat」が用意されています。

ここではそのバッチファイルを使って、ポートが使用されているかどうかを確認する方法をみていきます。

XAMPP - ポート番号の使用/未使用を確認(portcheck.bat)

それでは実際に確認してみましょう。


タスクバーから「エクスプローラー」を起動し

C:\xampp\install

へ移動しましょう。


「portcheck.php」をテキストエディタ(メモ帳など)で開き

13行目を次のように編集しましょう。

$port = preg_replace('/-/', '', $argv[1]);


編集したらファイルを保存します。


タスクバーの「フォーム」に

「cmd」と入力し


コマンドプロンプトを起動しましょう。

スポンサーリンク


コマンドプロンプトです。

cdコマンドで次のフォルダーへ移動します。

cd c:\xampp\install

portcheck.bat

を実行しましょう。


batファイルを実行すると

Checking necessary ports! Please wait ...

と表示されるので、しばらく待ちましょう。

しばらくすると、次のフォルダーに

C:\xampp\install


「portcheck.ini」というファイルが作成されています。

テキストエディタ(メモ帳など)で開いてみると

[Ports]
Port80=FREE
Port443=FREE
Port3306=BLOCKED
Port21=FREE
Port14147=FREE
Port8080=FREE

ポート番号の確認とそのポートが未使用(FREE)か使用されているか(BLOCKED)を確認することができます。

※ この例ではポート番号「3306」は使用されています。

関連記事(一部広告含む)