今日の人気記事

  1. Chrome拡張機能「Window Resizer」 - ブラウザをデバイスごとの画面サイズへ変更
  2. Windows - Sublime Text 3 のダウンロードとインストール
  3. Sublime Text 3 の日本語化 - Japanize のインストール
  4. Sublime Text 3 - インデントの設定(スペース・タブ)
  5. Mac OS X - wgetコマンドをインストール(使えるようにする)

Evernote のエディタとして「Sublime Text 3」を使う方法

スポンサーリンク

Evernote のエディタとして「Sublime Text 3」を使う方法を紹介します。

パッケージ「Evernote」のインストール

sublime-evernote-01
まずはこちら「Sublime Text - パッケージのインストール」を参考にパッケージ「Evernote」をインストールします。

sublime-evernote-02
インストールが完了すると「Thanks for installing the Evernote plugin.」と表示されます。

これでインストールの完了です。

スポンサーリンク

Evernoteの設定

次はSublime TextでEvernoteを編集できるように設定していきましょう。

sublime-evernote-03
ショートカットキー「Command + Shift + P」を押し、フォームに「evernote」と入力します。

sublime-evernote-04
「Evernote Settings: Reconfigure Authorization」にカーソルを合わせ、「Enter」キーを押します。

sublime-evernote-05
するとブラウザーが起動し、Evernoteのサインイン画面が表示されるので、「メールアドレスかユーザー名」と「パスワード」を入力し、サインインします。

sublime-evernote-06
サインインすると「Developer Tokens」というページが表示されるので、「Create a developer token」をクリックします。

sublime-evernote-07
画面に表示されている以下の項目を確認します。

  • Developer Token
  • NoteStore URL

sublime-evernote-08
Sublime Text に戻り、下の方を確認すると「Developer Token (required)」というフォームが表示されているので、先ほど確認した「Developer Token」をコピペし、「Enter」キーを押します。

sublime-evernote-09
すると、「NoteStore URL (required)」が表示されるので、こちらもコピペし、「Enter」キーを押します。

これで設定完了です。

使ってみよう。

Sublime Text で Evernote を編集してみましょう。

sublime-evernote-10
「Commnad + Shift + P」から「Evernote: List recent notes」を選択します。

sublime-evernote-11
すると、このように最近編集した Evernote のノートが表示されるので、どれかを選択してみましょう。

sublime-evernote-12
このように Evernote のノートが表示されます。

sublime-evernote-13
ノートの編集が終わったら、「Commnad + Shift + P」から「Evernote: Update Evernote Note」を選択します。

これで編集内容が Evernote と同期されます。

sublime-evernote-14
他にもいろいろメニューが用意されているので、使ってみてください!

スポンサーリンク

関連記事(一部広告含む)