さくらのレンタルサーバ - phpMyAdminでデータベースにインポート

2014年10月20日 12:45

さくらインターネット株式会社が提供するレンタルサーバー「さくらのレンタルサーバ」のphpMyAdminを使って、SQLファイルをMySQLデータベースへインポートする方法を紹介します。

MySQLデータベースのインポートは、ローカル環境で開発したデータベースのSQLファイルをサーバー上へ公開する場合やWordPressを他社から移転する場合などに必要になります。

データベースの作成はこちらを参考にしてください。
» MySQLデータベースを作成する方法

MySQLデータベースのインポート

さくらのレンタルサーバのサーバコントロールパネルへアクセスします。

sakura-db-import-00
「ドメイン名」「パスワード」を入力し、サーバコントロールパネルへログインします。

sakura-db-import-02
左サイドメニューの「アプリケーションの設定」から「データベースの設定」をクリックします。

sakura-db-import-04
「データベースユーザ名」と「パスワード」を確認し、「管理ツール ログイン」をクリックします。

sakura-db-import-06
先ほど確認した「ユーザ名」「パスワード」を入力し、「実行する」をクリックします。

sakura-db-import-10
左カラムからSQLファイルをインポートするデータベースを選択します。

sakura-db-import-12
右カラムのタブメニューから「インポート」をクリックします。

sakura-db-import-14
インポートするファイルを選択し、「実行する」をクリックします。

sakura-db-import-16
「インポートは正常に終了しました。**個のクエリを実行しました」というメッセージが表示されれば、OKです。インポート完了です。

詳細はこちら ➠ さくらのレンタルサーバ