さくらのレンタルサーバ - phpMyAdmin でデータベースをエクスポート

2014年11月20日 09:08

さくらインターネット株式会社が提供するレンタルサーバー「さくらのレンタルサーバ」の phpMyAdmin を使って、MySQL データベースから SQL ファイルをエクスポートする方法を紹介します。

MySQLデータベースのエクスポートは、さくらのレンタルサーバから他社へサーバーを乗り換える場合やMySQLデータベースの手動バックアップなどの場合に必要になってきます。

MySQLデータベースのエクスポート

さくらのレンタルサーバのサーバコントロールパネルへアクセスします。

sakura-db-export-00
「ドメイン名」「パスワード」を入力し、サーバコントロールパネルへログインします。

sakura-db-export-02
左サイドメニューの「データベースの設定」をクリックします。

sakura-db-export-04
「管理ツール ログイン」をクリックします。「データベース ユーザ名」「パスワード」はログインに必要になってきますので、確認しておきましょう。

sakura-db-export-10
クリックすると、phpMyAdminが起動します。左サイドメニューからエクスポートするデータベースを選択します。

sakura-db-export-12
右カラムの上部タブメニュー「エクスポート」をクリックします。

sakura-db-export-14
下へスクロールし、「実行する」をクリックします。いろいろ選択項目がありますが、特に変更する必要はありません。

クリックすると、SQLファイル「データベース名.sql」のダウンロードがはじまるので、これでエクスポート完了です。

詳細はこちら ➠ さくらのレンタルサーバ