ミニバード - phpMyAdminでデータベースをエクスポート

2014年11月14日 09:30

レンタルサーバー「ミニバード」のphpMyAdminを利用して、MySQLデータベースのデータをエクスポートする方法を解説します。サーバー移管時などにWordPressのデータをMySQLデータベースからエクスポートする場合に必要になります。

phpMyAdminでデータベースをエクスポート

「ミニバード」のサーバー管理ツールにログインします。

db-minibird-export-00
左サイドメニューの「データベース設定」をクリックします。

db-minibird-export-01
クリックすると右カラムに「データベース設定」が表示されます。その中の上部タブメニューから「phpMyAdmin」をクリックします。

クリックするとデータベースのパスワード入力を促されます。データベース作成時に設定した(された)ユーザー名とパスワードを入力しましょう。

db-minibird-export-02
認証が成功すると、phpMyAdminのトップページが表示されます。左サイドメニューからエクスポートするデータベースをクリックします。

db-minibird-export-03
クリックするとデータベースのテーブルなどが表示されます。上部タブメニューから「エクスポート」をクリックします。

db-minibird-export-04
いろいろ設定項目がありますが、特に変更しなくてOKです。「ファイルに保存する」にチェックを入れ、「実行する」をクリックします。

データベースファイル「データベース名.sql」がダウンロードできればOKです。

詳細はこちら ➠ ミニバード