ミニバード Cron設定方法

2015年3月22日 10:31

ネットオウル株式会社が提供するサービス「ミニバード」の「サーバー管理ツール」を使って、Cron設定する方法を紹介します。

Cron設定では、指定した日時にコマンドやスクリプトを実行することができます。決まった処理を手動で行っている場合は、この機能を使って自動化してみてはいかがでしょうか。

Cron設定

minibird-cron-00
ミニバードにログインし、「サーバー管理ツール」へアクセスします。

minibird-cron-01
左サイドメニューから「Cron設定」をクリックします。

minibird-cron-10
デフォルトでは、通知メールアドレスが登録されていません。「通知先の設定」をクリックし、メールアドレスを登録しましょう。

minibird-cron-11
通知メールアドレスを入力し、「確認画面」をクリックします。

minibird-cron-12
表示されているメールアドレスを確認し、問題なければ「確定する」をクリックします。

minibird-cron-13
登録したメールアドレスは、「CRON一覧」ページで確認できます。

CRON追加

minibird-cron-20
「CRON追加」タブをクリックし、CRONを追加してみましょう。

minibird-cron-21
CRON追加ページです。以下のように入力し、「確認画面」をクリックします。

10
*
*
*
曜日*
コマンドecho "TEST"
コメントテスト

minibird-cron-22
設定に間違いないことを確認し、「確定する」をクリックします。

minibird-cron-23
クリックすると設定したCRONが一覧画面に表示されます。

この例は、毎時10分に「echo "TEST"」というコマンドを実行する、という設定です。10分を過ぎて、以下のようなメールが先ほど登録したメールアドレスに届けば、適切に設定できています。

件名:Cron *** echo "TEST"
From:Cron Daemon
本文:TEST

適切にCronが動作したことを確認したら、Cronの設定方法について確認しましょう。ワンポイントマニュアルを引用します。

CRON設定ルール
CRONは合計「5個」まで設定できます。
「分」は数字、または20分以上をあけたカンマ「,」区切りが利用できます。
実行間隔は20分未満となる記述やその他の記号は利用できません。
記述例)「10」や「00,20,40」と記載できます。

もうちょっと詳しく説明すると、CRON設定には「リスト」「範囲」は利用できますが、「共存」「間隔」は利用できない、ということになります。

リスト00,20,40
範囲10-12
×共存14,17-19
×間隔*/20

その他、Cron設定の詳細はこちらを参考にしてください。 

Cronの削除

minibird-cron-30
削除したいCRONの「削除」ボタンをクリックします。

minibird-cron-31
クリックすると「CRON一覧」から削除されます。

詳細はこちら ➠ 月額250円(税抜)からのレンタルサーバー、ミニバード