今日の人気記事

  1. Sublime Text 3 の日本語化 - Japanize のインストール
  2. Sublime Text - Package Control のインストール
  3. Windows - Sublime Text 3 のダウンロードとインストール
  4. Mac - テキストエディタ「Atom」のインストール
  5. Chrome拡張機能「Window Resizer」 - ブラウザをデバイスごとの画面サイズへ変更

Sublime Text 3 の日本語化 - Japanize のインストール

スポンサーリンク

テキストエディター「Sublime Text 3」を日本語化する方法を紹介します。

sublime-text-3-japanize-01
このように「Sublime Text 3」のメニューは英語です。

ここではパッケージ「Japanize」をインストールして、「Sublime Text 3」を日本語化する方法をみていきます。

スポンサーリンク

Sublime Text 3 の日本語化

sublime-text-3-japanize-02
「Sublime Text 3」を起動し、ショートカットキー「Command + Shift + P」を押します。

sublime-text-3-japanize-03
すると、このようなフォームが表示されるので、

sublime-text-3-japanize-04
「install」と入力し、「Pachage Control: Install Package」が選択されていることを確認し、Enter キーを押します。

sublime-text-3-japanize-05
すると、パッケージの候補と共に、またフォームが表示されるので

sublime-text-3-japanize-06
「japanize」と入力し、Enter キーを押します。

すると、パッケージ「Japanize」のインストールがはじまります。

sublime-text-3-japanize-08
ウィンドウの下の方に「Package Japanize successfully installed」と表示されれば、インストールが完了です。

sublime-text-3-japanize-07
また、インストールが完了すると「Japanize」の概要と適用手順が表示されます。

※ ここに記載されている適用手順は Windows のものなので、以下のでは Mac の適用手順を紹介します。

Japanize の適用手順

sublime-text-3-japanize-09
ホームフォルダの「ライブラリ」へアクセスします。

「ホームフォルダ」→「ライブラリ」→「Application Support」→「Sublime Text 3」→「Packages」にアクセスします。

sublime-text-3-japanize-10
先ほどインストールしたパッケージ「Japanize」のフォルダがありますね。

sublime-text-3-japanize-11
ここに「Default」フォルダを作成します。

sublime-text-3-japanize-12
「Japanize」フォルダへアクセスし、

sublime-text-3-japanize-13
以下のファイルをコピーし、

  • Context.sublime-menu.jp
  • Indentation.sublime-menu.jp
  • Main.sublime-menu.jp
  • Side Bar Mount Point.sublime-menu.jp
  • Side Bar.sublime-menu.jp
  • Tab Context.sublime-menu.jp

sublime-text-3-japanize-14
先ほど作成した「Default」フォルダに貼り付けます。

sublime-text-3-japanize-15
次に貼り付けたすべてのファイルから拡張子「.jp」を取り除きます。

これで「Japanize」の適用完了です。

sublime-text-3-japanize-16
このようにメニューが日本語化されていると思います。

スポンサーリンク