今日の人気記事

  1. WordPressページナビゲーションを作成するプラグインWP-PageNavi
  2. 1ページに表示する最大投稿数を変更 - posts_per_page
  3. 管理画面にログイン・ログアウト
  4. ドメイン変更を伴うWordPressサイトのサーバー移転方法
  5. ページ上部の管理バーを非表示にする方法

画像のロスレス圧縮(最適化)プラグイン - EWWW Image Optimizer

スポンサーリンク

画像のロスレス圧縮(最適化)するWordPressプラグイン「EWWW Image Optimizer」を紹介します。

Google が提供している「PageSpeed Insights」で画像圧縮率を比較するとプラグイン「WP Smush.it」よりも今回紹介するプラグイン「EWWW Image Optimizer」の方が画像の圧縮効率が高いようです。

実際に「WP Smush.it」で圧縮した画像を「EWWW Image Optimizer」で、さらに圧縮することが可能です。そのため現在(記事公開時)は画像圧縮プラグインとして「EWWW Image Optimizer」を使っています。

スポンサーリンク

それでは実際にプラグインの使い方をみていきましょう。

WPプラグイン - EWWW Image Optimizer

まず、プラグインのインストールと有効化を行いましょう。

インストールと有効化

WordPressのメニュー
→「プラグイン」
→「新規追加」
→「EWWW Image Optimizer」を検索
→「いますぐインストール」
→「有効化」します。

plugin-ewww-image-optimizer-01
プラグインをインストール・有効化すると左メニュー「設定」→「EWWW Image Optizer」が表示されるようになるので、それをクリックします。

plugin-ewww-image-optimizer-02
EWWW Image Optizer の設定画面です。特に変更しなくても適切に画像を圧縮することができます。

圧縮方法などを変更したい場合は、この画面から行いましょう。

プラグインを有効化すると、WordPressに新しくアップロードする画像は自動的に圧縮されます。これまでにアップロードした画像を圧縮する場合には以下の作業が必要になります。

plugin-ewww-image-optimizer-03
左メニュー「メディア」→「ライブラリ」をクリックします。

plugin-ewww-image-optimizer-04
すると、メディアライブラリが表示されるので、サムネイル表示の場合はリスト表示へ変更しましょう。

1枚だけ画像を圧縮

まずは、1枚だけ画像を圧縮する方法をみていきます。

plugin-ewww-image-optimizer-05
アップロードした画像ファイルの右の方に「Optimize now!」というボタンがあるので、それをクリックします。

plugin-ewww-image-optimizer-06
すると、このように「Reduced by …」と表示されれば、適切に圧縮できています。

「Reduced by …」には、どのくらい圧縮されたかが%(KB)で表示されます。

複数の画像を圧縮

plugin-ewww-image-optimizer-07
圧縮したい画像を選択し、

plugin-ewww-image-optimizer-08
上部にある選択項目「一括操作」をクリック、

plugin-ewww-image-optimizer-09
「Bulk Optimize」を選択し、「適用」をクリックします。

plugin-ewww-image-optimizer-10
すると、このようなページに移動するので「Start Optimizing」をクリックします。

plugin-ewww-image-optimizer-11
すると、このように選択した画像が圧縮され、どのくらい圧縮されたかが%(KB)で表示されます。

すべての画像を圧縮

次はWordPressにアップロードしたすべての画像を圧縮する方法をみていきます。

plugin-ewww-image-optimizer-12
左メニュー「メディア」→「Bulk Optimize」をクリックし、

plugin-ewww-image-optimizer-13
Optimize Everytihg Else のところにある「Scan and optimize」をクリックします。

すると、すべての画像の圧縮がはじまります。

スポンサーリンク

関連記事と広告