今日の人気記事

  1. XAMPP - phpMyAdminでMySQLデータベースの作成
  2. Chrome拡張機能「WhatFont」 - Webサイトのfont-family、font-size、line-heightを確認
  3. XAMPP - phpMyAdminを最新版にアップグレード
  4. Chrome拡張機能「Window Resizer」 - ブラウザをデバイスごとの画面サイズへ変更
  5. XAMPP の使い方と設定

XAMPP - phpMyAdminでMySQLデータベースにインポート

スポンサーリンク

ここではSQLファイルをXAMPPのphpMyAdminでMySQL(MariaDB)データベースにインポートする方法を解説します。

MySQL(MariaDB)データベースにインポート


スタートメニューから「XAMPP Control Panel」を起動します。


XAMPP Control Panelです。

「Apache」「MySQL」の「Start」をクリックします。


Apache と MySQL が起動したら

MySQLの「Admin」をクリックします。


左サイドメニューからSQLファイルをインポートするデータベースをクリックします。


上部メニューから「インポート」をクリックします。

スポンサーリンク

インポートするファイル
ファイルは圧縮されていないもの、もしくは、gzip、bzip2、zip で圧縮されているもの。

アップロードファイルを「参照」から選択し


オプションを設定・選択し


「実行」をクリックしましょう。

インポートは正常に終了しました。**個のクエリを実行しました。

というメッセージが表示されれば、インポート完了です。

関連記事(一部広告含む)